戸叶武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
戸叶 武
とかの たけし
生年月日 1903年2月11日
出生地 栃木県安蘇郡田沼町
没年月日 (1982-12-25) 1982年12月25日(79歳没)
死没地 東京都新宿区
出身校 早稲田大学
前職 新聞記者
大学教員
所属政党 右派社会党
日本社会党
配偶者 戸叶里子

選挙区 栃木県選挙区
当選回数 4回
在任期間 1953年5月3日 - 1965年6月1日
1971年7月4日 - 1982年12月25日
テンプレートを表示

戸叶 武(とかの たけし、1903年2月11日1982年12月25日)は、日本の政治家日本社会党選出の参議院議員(4期)。妻は衆議院議員戸叶里子

人物[編集]

田中正造の政治的後継者で、下野新聞社長を務めていた戸叶薫雄の長男として、栃木県安蘇郡田沼町に生まれた。旧制豊山中学校[1](現日本大学豊山高等学校)を経て、早稲田大学政治経済学部へ入学。在学中は、高野実等と社会主義学生団体「文化会」を率いる。また、雄弁会に参加し、1922年(大正11年)には先輩である浅沼稲次郎の推薦により幹事となった[2]

1925年(大正14年)、早稲田大学を卒業してロンドン大学へと留学。その後、東京朝日新聞に記者として入社し学芸部に所属。1930年(昭和5年)、国際連盟東京事務所に勤めていた吉田里子と結婚。1940年(昭和15年)、朝日を退職し、大陸新報政治部長兼論説委員長として上海に妻と赴任[2]1942年(昭和17年)の第21回衆議院議員総選挙栃木1区に東方会から出馬するが、落選。戦後、公職追放された[3]。また、宇都宮大学東海大学で政治学を講じた[2]

戦後は政界進出を図るも戦前の活動がたたり断念。1946年に行われた第22回衆議院議員総選挙には身代わりとして妻である戸叶里子を立候補させてトップ当選(以後、夫を尻目に25年間落選することなく衆議院議員を勤めた)[4]、続いて自らも1952年(昭和27年)の第25回衆議院議員総選挙栃木2区右派社会党から出馬したが落選。1953年(昭和28年)の第3回参議院議員通常選挙栃木県選挙区から右派社会党から立候補し、初当選。1959年(昭和34年)、第5回参議院議員通常選挙日本社会党から出馬し、再選。

1965年(昭和40年)の第7回参議院議員通常選挙では、自由民主党の船田譲田村賢作に敗れ、落選。1968年(昭和43年)の第8回参議院議員通常選挙では、自由民主党の植竹春彦矢野登に敗れ、次点。1971年(昭和46年)1月、第7回栃木県知事選挙に無所属で出馬し、現職の横川信夫に敗れ、落選。同年6月の第9回参議院議員通常選挙当選[2]。同年11月、妻が死去して喪主を務める。1977年(昭和52年)、第11回参議院議員通常選挙再選。

1982年(昭和57年)、東京都新宿区戸山の自宅で死去[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 豊山中学校同窓会・校友会会員名簿(昭和14年6月5日発行)
  2. ^ a b c d e 第098回国会 本会議 第2号
  3. ^ 全日化の結成と産別会議の運動――亀田東伍氏*に聞く(上) 68
  4. ^ 「戸叶里子さん(訃報欄)」『中國新聞』昭和46年11月8日.1面

参考文献[編集]