戸尾任宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
内田ビル(東京都港区南青山)

戸尾 任宏(とお ただひろ、1930年 - 2011年)は、日本建築家

来歴[編集]

1954年、東京工業大学理工学部建築学科卒業、1954年、坂倉準三建築研究所入所。1960年、渡欧。1961年〜1963年フランス、スペインのロマネスク建築を研究。1963年、坂倉準三建築研究所に復職、神奈川県立近代美術館を設計。

1966年〜1970年タイ国文部省職業教育施設改善計画のためバンコク事務所設立、タイ全土に農工業学校及び大学25校を設計管理。1985年、佐野市郷土博物館で日本建築学会作品賞を受賞。

2009年、三重県立熊野古道センターで日本建築学会作品選奨受賞[1]

主要作品[編集]

  • 1980 奈良県立橿原考古学研究所・付属博物館
  • 1983 佐野市郷土博物館
  • 1985 奈良県新公会堂
  • 1988 南青山内田ビル
  • 1990 川越市立博物館
  • 1999 知多市歴史民俗博物館
  • 2000 東京文化財研究所
  • 2009 三重県立熊野古道センター
  • 2010 東大寺総合文化センター

脚注[編集]

  1. ^ 「三重県立熊野古道センター」、『建築雑誌』第124巻、日本建築学会2009年8月20日、 95頁、 NAID 110007339630

参考文献[編集]

  • 『建築家 戸尾任宏』建築画報社、2013年。