戸崎誠喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戸崎 誠喜(とざき せいき、1910年明治43年)3月18日 - 2006年平成18年)7月3日)は、日本の実業家伊藤忠商事社長・会長を歴任。熊本市新町出身。

経歴[編集]

  • 1910年(明治43年) - 末吉の長男として生まれる。
  • 1934年(昭和9年) - 東京商科大学(現・一橋大学)を卒業、伊藤忠商事へ入社。
  • 1954年(昭和29年) - ニューヨーク事務所長。
  • 1959年(昭和34年) - 同社取締役に就任。
  • 1961年(昭和36年) - 同社代表取締役常務に就任。
  • 1964年(昭和39年) - 同社代表取締役専務に就任。
  • 1968年(昭和43年) - 同社代表取締役副社長に就任。
  • 1974年(昭和49年) - 同社代表取締役社長に就任。
  • 1983年(昭和58年) - 同社代表取締役会長に就任。
  • 2006年(平成18年)7月3日 - 老衰のため自宅で死去、享年96[1]。死後、正四位に叙された。
  • その他、いすゞ自動車顧問、日本錦糸布輸出組合理事長、日本貿易会副会長、経済団体連合会常任理事、関税率審議会・国民生活安定審議会各委員などを歴任した。

人物[編集]

入社から課長までは繊維部門を歩み、部長代理から食料部門へ転じる。

若手の頃から欧米圏への駐在が長かったため、英語が堪能であった。戦間期の1939年からオーストラリアフランス領インドシナ(現・ベトナム)に駐在し、1952年からは米国ポートランドニューヨークへ駐在しており[2]、海外駐在は通算で16年間に及んだ。

1977年には、経営危機に陥っていた安宅産業を合併する。

受章・受賞[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “戸崎誠喜氏死去 元伊藤忠商事社長”. 共同通信. (2006年7月4日). http://www.47news.jp/CN/200607/CN2006070401002309.html 2014年11月13日閲覧。 
  2. ^ 1988/02, 経済界

参考[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年
先代:
越後正一
伊藤忠商事社長
1974年 - 1983年
次代:
米倉功