戸川大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戸川 大輔
埼玉西武ライオンズ #71
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道沙流郡日高町
生年月日 (1996-04-29) 1996年4月29日(22歳)
身長
体重
188 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2014年 育成選手ドラフト1位
年俸 500万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

戸川 大輔(とがわ だいすけ、1996年4月29日 - )は、北海道沙流郡日高町出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

北海道沙流郡日高町生まれ[2]。実家は父が代表を務める競走馬育成牧場「戸川牧場」で、競走馬の「ダイシンオレンジ」「サムライジャパン」や[2]、2015年の安田記念マイルチャンピオンシップ香港マイル・2016年のチャンピオンズマイル天皇賞(秋)香港カップで勝利した「モーリス[3]などを生産している。

日高町立厚賀小学校2年生の時に投手として野球を始め、日高町立厚賀中学校時代は札幌グロウィングス(現・札幌北広島ボーイズ)でプレーした[4]北海高等学校では1年生時の秋に背番号「1」でベンチ入りし、2年生時の秋に投手から外野手に転向した[2]。3年生時の第96回全国高等学校野球選手権大会・南北海道大会札幌予選では2回戦で北海道札幌南高等学校に敗れている[5]。高校通算13本塁打[6]

西武時代[編集]

2014年10月23日に行われたプロ野球育成選手ドラフト会議埼玉西武ライオンズに1巡目で指名され[7]、支度金350万円、年俸300万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[8]。西武としては初の高卒の育成選手となった[2]。背番号は「122」。

2015年は二軍で50試合に出場した[9]。オフの11月11日に、2016年の支配下選手契約が締結され、併せて背番号が「71」に変更された[10]

2016年は二軍で76試合に出場し、打率.185、1本塁打、8打点、4盗塁だった[11]

選手としての特徴[編集]

人物[編集]

2018年シーズン終盤の記事によると、卓球が得意。ある時妹が中学校で卓球を習っており、家の近くで自主練習を行っている内に強くなった。妹は教員に習っていたが、自身はそれを観たり自分の感覚でやったりして体得した。卓球に関しては腕自慢の選手にも負けず、2018年の時点では「1回も負けたことがありません」とのこと。2018年育成ドラフト2位で西武に入団した齊藤誠人と新潟遠征で卓球勝負したことがあるが、卓球自慢の齊藤と5点1ゲーム20セット行って自身が全セット取った[12]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 122 (2015年)
  • 71 (2016年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年5月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e 西武育成1位戸川 夢は“侍JAPAN” 日刊スポーツ 2014年10月30日紙面から
  3. ^ データベース 競走馬 モーリス netkeiba.com
  4. ^ 西武育成1位の戸川 実家で育成「サムライジャパン」に続く! スポニチ Sponichi Annex 2014年10月30日掲載
  5. ^ 2014年 第96回南北海道大会 札幌支部予選 高校野球ドットコム
  6. ^ 野球太郎 No.013 廣済堂出版 81頁
  7. ^ 2014年ドラフト会議 全指名選手 西武ライオンズ オフィシャルサイト
  8. ^ 西武 育成ドラフト1位指名の北海・戸川と合意 スポニチ Sponichi Annex 2014年11月10日掲載
  9. ^ 2015年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  10. ^ 戸川大輔選手 支配下登録のお知らせ 西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年11月12日配信
  11. ^ 2016年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. 埼玉西武ライオンズ. 2016年11月13日閲覧。
  12. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.43.

関連項目[編集]