戸川安宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
戸川 安宣
時代 江戸時代前期
生誕 慶安元年(1648年
死没 延宝2年12月27日1675年1月22日
改名 土肥丞(幼名)→安宣
別名 玄蕃(通称)
戒名 清性院殿覚庭円意大居士
墓所 岡山県岡山市南区妹尾地域の成隆寺
官位 従五位下、土佐
幕府 江戸幕府
備中庭瀬藩
氏族 戸川氏
父母 父:戸川正安、母:寺沢広高の娘
兄弟 安宣、安成
正室:有馬康純の娘
継室:よめ溝口重雄の次女)
安風、達富、娘(松平政舎室)

戸川 安宣(とがわ やすのぶ)は、備中庭瀬藩の第3代藩主。第2代藩主戸川正安の次男。

寛文9年(1669年)、父の死去により家督を継ぐ。このとき、弟の安成に1500石を分与したため、2万1000石となる。六間川の開削工事をはじめとする農政に手腕を見せたが、在任5年後の延宝2年(1674年)12月27日に27歳で死去した。跡を長男の安風が継いだ。

同名の戸川安宣 (編集者)は、安宣の叔父である戸川安利(帯江戸川氏)の子孫。