戸松秀典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

戸松 秀典(とまつ ひでのり、1941年4月16日 - )は、日本の憲法学者学習院大学名誉教授。元旧司法試験第二次試験考査委員。元弁護士(渡部晃法律事務所)。法制審議会委員。法学博士東京大学、1976年)。憲法訴訟アメリカ憲法を中心に研究している。

人物[編集]

愛知県出身。

伊藤正己が『憲法』の執筆途中で最高裁判事に就任したため、残りのかなりの部分を戸松が執筆した。

2014年1月31日、「憲法学研究に専念するため」弁護士登録を取り消した(『自由と正義』Vol.65(2014年4月号)103頁)。

略歴[編集]

社会的活動[編集]

  • 日本公法学会理事(1989年 - )
  • 日米法学会理事(1999年 - )
  • 新司法試験実施に係る研究調査会委員
  • 最高裁判所一般規則制定諮問委員会委員
  • 下級裁判所裁判官指名諮問委員会委員

主要著書・編著[編集]

  • 『プレップ憲法(第4版)』(弘文堂、2016年)
  • 『憲法(初版)』(有斐閣、2015年)
  • 『プレップ憲法訴訟(初版)』(弘文堂、2011年)
  • 『憲法訴訟(第2版)』(有斐閣、2008年)
  • 『憲法判例(第7版)』(初宿正典と共編著)(有斐閣、2014年)
  • 『注釈憲法(1)』(共著)(有斐閣、2000年)
  • 『論点体系 判例憲法1~3 ~裁判に憲法を活かすために~』(今井功と共編著)(第一法規、2013年)

関連項目[編集]