戸沢充則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戸沢 充則(とざわ みつのり、1932年10月19日 - 2012年4月9日[1])は、日本考古学者である。明治大学名誉教授。元明治大学学長。長野県茅野市尖石縄文考古館名誉館長。

経歴[編集]

長野県岡谷市出身。旧制諏訪中学(長野県諏訪清陵高等学校・附属中学校)、明治大学文学部卒業。1961年同大学講師、1968年教授となり、考古学博物館長、文学部長、学長を歴任した。

1967年に「先土器時代文化の構造」により明治大学から文学博士の学位を授与される[2]。2000年 - 2002年、日本考古学協会「前・中期旧石器問題調査研究特別委員会」委員長として旧石器捏造事件の検証調査にあたった。旧制中学時代に土器と出会ったことが考古学研究の始まりとなった。豊富な発掘現場歴を持ち、遺跡調査や保護に大きく貢献している。2011年、「シリーズ『遺跡を学ぶ』」の監修で第65回毎日出版文化賞受賞。「九条科学者の会」呼びかけ人を務めていた[3]

著書[編集]

  • 縄文人との対話ー私の考古学手帖(名著出版、1987) 
  • 縄文時代史研究序説(名著出版、1990)
  • 先土器時代の文化の構造(同朋舎出版、1990)
  • 考古学のこころ(新泉社、2003)
  • 考古地域史論ー地域の遺跡・遺物から歴史を描く(新泉社、2004)
  • 歴史遺産を未来へ残すー信州・考古学の旅(新泉社、2005)
  • 語りかける縄文人 新泉社, 2007.6.

編著[編集]

  • 縄文人は生きているー原始との対話(有斐閣、1985)
  • 探訪縄文の遺跡東日本編(有斐閣選書、1985)
  • 古代の知恵を発掘する(監著、福武書店、1986)
  • 縄文人と貝塚(六興出版、1989)
  • 縄文時代研究辞典(東京堂出版、1994)
  • 縄文人の時代(新泉社、1995)
  • 月見野の発掘 先土器時代研究の転換点 新泉社, 2009.3.

共編著[編集]

  • 原始・古代の生産と生活 日本考古学を学ぶ2(大塚初重共編、有斐閣選書、1979)
  • 北海道白滝服部台における細石器文化 杉原荘介共著 臨川書店 1981.11.
  • 探訪先土器の遺跡 安蒜政雄共編.1983.12 有斐閣選書
  • 新版 古代の日本 第8巻. 関東 笹山晴生共編 角川書店 1992.10
  • 大塚初重共編『日本考古学用語辞典』柏書房、1996年6月。ISBN 4-7601-1302-9

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 考古学者の戸沢充則さん死去 県内遺跡調査に貢献 信濃毎日新聞[信毎web] 2012年4月10日閲覧。
  2. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年3月4日閲覧。
  3. ^ 「九条科学者の会」呼びかけ人メッセージ (2005.3.13)

参考[編集]