戸河内インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
戸河内インターチェンジ
E2ACHUGOKU-TogouchiIC.jpg
中国自動車道 戸河内インターチェンジ
(広島県山県郡安芸太田町)
所属路線 E2A 中国自動車道
IC番号 27
料金所番号 01-323
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0186.svgJapanese National Route Sign 0191.svg 戸河内 加計 筒賀
起点からの距離 360.4 km(吹田JCT起点)
加計SIC/BS (5.4 km)
(2.8 km) 筒賀PA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0186.svg 国道186号Japanese National Route Sign 0191.svg 国道191号
供用開始日 1983年昭和58年)3月24日
通行台数 x台/日
所在地 731-3664
広島県山県郡安芸太田町上殿651-1
テンプレートを表示
職員の渡り通路設置前の料金所

戸河内インターチェンジ(とごうちインターチェンジ)は、広島県山県郡安芸太田町中国自動車道インターチェンジである。

付近にある観光地三段峡温井ダムの最寄りIC。この戸河内ICと広島北JCTの区間は距離の長いトンネルが連続する区間となっていて、利用者は(戸河内以西に比べれば)比較的多い。(参考資料[1][2])戸河内ICのすぐそばに道の駅来夢とごうちが設置されている。

道路[編集]

歴史[編集]

  • 1983年昭和58年)3月24日 : 千代田IC - 鹿野IC間の開通により供用開始。
  • 2018年平成30年)3月23日 : 国土交通省の社会実験事業として、高速道路一時退出実験の試行開始[1]ETC2.0搭載車に限定して、当ICで流出し、隣接する道の駅来夢とごうちに立ち寄り後、1時間以内に当ICから再流入して順方向に利用の場合、目的地まで高速道路を降りずに利用した場合と同じ料金に調整される。)。
  • 2020年令和2年)3月27日 : 高速道路一時退出実験の退出可能時間がそれまでの1時間以内から3時間以内に引き上げられる[2]

接続する道路[編集]

直接接続[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:4

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

周辺[編集]

[編集]

E2A 中国自動車道
(26)広島北JCT - (26-1)加計SIC/BS - (27)戸河内IC - 筒賀PA/BS - (28)吉和IC

広島北JCT・戸河内ICまでのトンネル群[編集]

中国自動車道のトンネルも参照

広島北JCT - 加計スマートICおよび戸河内ICまでの区間はほとんどが1キロを越える長距離トンネルが連続している。走行の際は注意したい。

(26)広島北JCT - 牛頭山トンネル - 平トンネル -船場トンネル - 澄合トンネル・三谷トンネル(上り線のみ) - 加計東トンネル - (26-1) 加計SIC・BS - 加計西トンネル - (27)戸河内IC

脚注[編集]

  1. ^ 3月23日から 中国地方で新たに4箇所 高速道路から「道の駅」の利用が可能となります! 利用出来る道の駅「舞ロードIC千代田」、「来夢とごうち」、「むいかいち温泉」、「奥大山」 〜E2A 中国道 千代田IC・戸河内IC・六日市IC E73 米子道 江府ICで実験開始〜 (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局・西日本高速道路株式会社 (2018年2月28日). 2020年5月3日閲覧。
  2. ^ 高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」の実施について (PDF)”. 国土交通省道路局 (2020年3月13日). 2020年5月3日閲覧。

関連項目[編集]