戸波親武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
戸波親武
時代 戦国時代末期 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 不詳
別名 長宗我部右兵衛、長宗我部親武
主君 長宗我部元親
氏族 長宗我部氏→戸波氏
父母 長宗我部国康
兄弟 戸波親武比江山親興
戸波親清

戸波 親武(へわ ちかたけ)は、戦国時代末期から安土桃山時代にかけての武将長宗我部氏の家臣。戸波城、十河城を居城としていた。

生涯[編集]

長宗我部国親の弟である長宗我部国康の長男として生まれる。

永禄12年(1569年)、長宗我部元親は、一条軍の戸波城を攻城し落城させた。親武は元親から戸波城の城主に任ぜられる。その際、戸波の名字を名乗る。

長宗我部軍の四国平定で武功をあげ、天正12年(1584年)に十河城の城主となったが、羽柴秀吉軍の四国攻めでは、植田城で羽柴秀吉軍を防戦した。

生誕、死没は不明だが、没年に関しては天正17年(1589年)以前ではないかと考えられている。

その他[編集]

  • 土佐物語』巻第七「小島源蔵相撲の事」において、元親の家臣の長崎磯之助は80人力もするが、親武は磯之助に勝ると記述されているため、相当の力自慢と認知されていた。天正元年(1573年)に、天下に知られた力士源蔵(身長六4、5=190センチ以上、140、150人力と記される)が土佐へ来た時には、長宗我部の名を汚しかねないとして、闘うことをさけ、断っている。

参考文献[編集]

  • 吉田龍司『長宗我部元親』新記元社、2009年9月、253頁。