戸田久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戸田 久(とだ ひさし、1956年10月28日 - )は、日本裁判官最高裁判所調査官や、旭川地方裁判所所長等を経て、名古屋高等裁判所部総括判事を務めた。

人物・経歴[編集]

筑波大学卒業後、1986年浦和地方裁判所判事補。1989年京都地方裁判所判事補。1992年新潟地方裁判所新発田支部判事補。1995年大阪地方裁判所判事補。1996年同判事。1998年名古屋高等裁判所判事職務代行。2002年同判事。2003年東京高等裁判所判事職務代行。2004年最高裁判所調査官。2007年名古屋高等裁判所判事。同年名古屋地方裁判所部総括判事。2011年東京地方裁判所部総括判事。2014年名古屋高等裁判所判事。2016年旭川地方裁判所長、旭川家庭裁判所[1]。2018年名古屋高等裁判所部総括判事[2]

裁判[編集]

脚注[編集]


先代:
竹内純一
旭川地方裁判所長
2016年 - 2018年
次代:
栗原壯太