戸田学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戸田 学(とだ まなぶ、1963年[1] - )は、大阪府堺市生まれ[1]作家映画評論家

落語演芸映画への造詣が深く、特に渥美清黒澤明等の映画に精通している。

来歴・人物[編集]

学生時代は映画館を出入りする傍ら、落語の観賞に没頭していた。就職していた時期もあるが2代目桂枝雀に師事する。同時に米朝事務所のマネージャーも務め、テレビ局やラジオ局に出入りするようになり、番組制作にも携わる。現在は作家、番組構成として活動している。フリー。

2004年には「第33回上方お笑い大賞」で秋田實賞を受賞[1]2006年には、MBSラジオの番組『月極ラジオ』や『ドラマの風』に柏木宏之と共に出演した。柏木との出会いは『あまからアベニュー』での共演がきっかけ。

かつては『痛快!エブリデイ』の構成(金曜日→水曜日)を行っていた。他にも桂千朝と共に『京チャン! らくご』や『京チャン! いんたびゅう』(関西テレビ☆京都チャンネル)の案内役・構成で出演。2009年4月からは『アップ&UP!』の金曜コーナー・「エンジョイUP!(最新映画情報コーナー)」に「映画大好き 戸田さん」名義で出演していた。

2011年9月よりUSTREAMのトーク番組『トークへ行きたい』を、月2回配信開始。月の前半はゲスト、後半は放送作家新野新を話し手に迎え、芸能、文化、政治、経済の情報を大阪から発信している。

著書[編集]

  • 『凡児無法録 こんな話がおまんねや 漫談家・西條凡児とその時代』たる出版、2001年
  • 『随筆 上方落語の四天王 松鶴・米朝・文枝・春団治』岩波書店、2011年
  • 『随筆 上方落語 四天王の継承者たち』岩波書店、2013年 
  • 上岡龍太郎 話芸一代』青土社、2013年
  • 『上方落語の戦後史』岩波書店、2014年
  • 『上方漫才黄金時代』岩波書店、2016年

編書・他[編集]

  • 『桂春団治 はなしの世界』(旭堂南陵桂文枝上方柳次著、豊田善敬・戸田学編、東方出版1996年4月、ISBN 4885914809)
  • 『米朝・上岡が語る昭和上方漫才』(桂米朝上岡龍太郎著、戸田学企画・構成、朝日新聞社2000年6月)
  • 桂米朝集成 第1巻』 (桂米朝著、豊田善敬・戸田学編、岩波書店、2004年11月、ISBN 4000261479)
  • 『桂米朝集成 第2巻』(同上、2004年12月、ISBN 4000261487)
  • 『桂米朝集成 第3巻』(同上、2005年1月、ISBN 4000261495)
  • 『桂米朝集成 第4巻』(同上、2005年2月、ISBN 4000261509)
  • 『六世笑福亭松鶴はなし』(笑福亭松鶴著、戸田学編、岩波書店、2004年7月、ISBN 4000025864)
  • 『いとしこいし漫才の世界』(喜味こいし、戸田学編、岩波書店、2004年9月、ISBN 4000221434)
  • 桂米朝座談 1』(桂米朝著、豊田善敬・戸田学編、岩波書店、2005年12月、ISBN 4000224565)
  • 『桂米朝座談 2』(桂米朝著、豊田善敬・戸田学編、岩波書店、2006年1月、ISBN 4000224573)
  • 『いとしこいし想い出がたり』(岩波書店、2008年6月、ISBN 4000221647)
  • 『浜村淳の浜村映画史 ―名優・名画・名監督―』(浜村淳・戸田学著、青土社、2017年3月、ISBN 4791769740)

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 上方落語の昭和史(岩波書店ウェブサイト。「著者紹介」欄を参照)

関連人物[編集]