戸田康泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戸田 康泰(とだ やすひろ、万延元年6月3日1860年7月20日) - 明治36年(1903年3月11日)は、日本の外交官。松本藩最後の藩主松平光則の長男。

経歴[編集]

江戸呉服橋の藩邸で生まれる。太政官布告により源姓松平氏を返上し、藤原姓戸田氏に復した。明治14年(1881年)11月、父光則の隠居により、家督を相続した。明治17年(1884年7月8日子爵となる。

明治15年(1882年)9月、オーストリア公使館在勤員外書記生となる。明治19年(1886年)、交際官試補となる。明治20年(1887年)、帰国する。明治31年(1898年)1月、式部官となる。また、明治22年(1889年三条実美らと北海道雨竜郡に華族組合農場を経営したが、4年あまりで解散した。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』下巻、184-185頁。
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、223頁。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
松本戸田家初代
1892年 - 1903年
次代:
戸田康保