戸田忠盈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
戸田忠盈
時代 江戸時代中期
生誕 享保15年6月2日1730年7月16日
死没 天明元年7月28日1781年9月16日
改名 慶次郎(幼名)、忠盈
別名 忠辰(別名)
戒名 勧善院殿前従五位下兼伊州大守徳巌全大居士
墓所 栃木県宇都宮市の英巌寺
官位 従五位下、日向守、能登守、伊賀
幕府 江戸時代
下野国宇都宮藩主→肥前国島原藩
氏族 戸田氏
父母 父:戸田忠余
兄弟 秋元喬求忠盈忠寛木下俊胤
側室:直、倉
直太郎、忠興、栄之助、力、
利尾(戸田忠喬正室)、
養子:忠寛

戸田 忠盈(とだ ただみつ)は、下野宇都宮藩の第3代藩主。後に肥前島原藩の初代藩主。宇都宮藩戸田家6代。

略歴[編集]

享保15年(1730年)6月2日、宇都宮藩の第2代藩主・戸田忠余の次男として江戸屋敷で生まれる。父・忠余は養父の戸田忠真の六男・戸田忠久を養子に迎えていたが、その忠久が享保13年(1728年)8月8日に早世し、実兄(秋元喬求)も秋元家の養子となったため、戸田家の世子となる。延享元年(1744年)12月16日に従五位下・日向守に叙任される。延享3年(1746年)の父の死去により家督を継いだ。

忠盈は宇都宮の人心が荒廃していることを憂い、延享5年(1748年)に領内に「御教条之趣」を出した[1]。これは領民が守るべき心を指示したものであり[1]、忠盈は人心の荒廃に対して厳罰で対処せず、心や孝行で領民の心を変えることを務めたのである[2]

寛延2年(1749年)7月23日、肥前島原藩に移封となる[1]。しかし病弱なため、宝暦4年(1754年)7月25日、25歳の時に病気を理由に家督を養子(弟)の忠寛に譲って隠居[1]、以後は江戸で余生を送った。天明元年(1781年)7月28日に死去。享年52。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ a b c d 坂本『シリーズ藩物語、宇都宮藩・高徳藩』、P64
  2. ^ 坂本『シリーズ藩物語、宇都宮藩・高徳藩』、P65

参考文献[編集]

  • 坂本俊夫『シリーズ藩物語 宇都宮藩・高徳藩』(現代書館、2011年9月)