戸田忠言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
戸田忠言
時代 江戸時代中期
生誕 享保12年(1727年
死没 安永3年12月14日1775年1月15日
別名 玄蕃(通称
戒名 霊源院殿竜堂全活大居士
墓所 東京都新宿区牛込の松源寺
官位 従五位下、大炊頭、長門
幕府 江戸幕府
下野国足利藩
氏族 戸田氏
父母 父:戸田忠位、母:高階氏
兄弟 忠言、戸田忠有、戸田忠貫
正室:毛利高慶の娘、側室:丸野氏
忠如、忠春(五男)、娘(安藤定意正室)、
娘(徳山頼福室)、娘(川口恒久室)、
娘(河野通成室)、忠佼(七男)、忠喬
テンプレートを表示

戸田 忠言(とだ ただとき)は、下野足利藩の第4代藩主。宇都宮藩戸田家分家4代。

享保12年(1727年)、第3代藩主・戸田忠位の長男として生まれる。元文元年(1736年)に父が死去したため家督を継いだ。寛保2年(1742年)12月18日、従五位下・大炊頭に叙位・任官する。寛延2年(1749年)11月11日に大坂定番に任じられる。明和元年(1764年)6月21日に奏者番に任じられる。明和2年(1765年)、長門守に遷任する。

安永3年(1774年)12月14日に死去した。享年48。跡を八男の忠喬が継いだ。