戸田裕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戸田 裕一(とだ ひろかず、1948年11月12日 - )は日本実業家、元社員コピーライター博報堂DYホールディングス代表取締役会長最高経営責任者博報堂取締役会長

人物[編集]

静岡県出身。静岡県立静岡高等学校を経て、1972年一橋大学社会学部卒業、博報堂入社。文学好きで、大学の卒業論文では梶井基次郎を扱った。村上春樹のファンでもあり、村上の『意味がなければスイングはない』を読みCDを10枚買ったという[1]

博報堂入社後はコピーやCFの企画・文案をする制作局を経て、入社15年目から経営企画室に所属。2003年には博報堂と大広読売広告社の3社の経営統合の指揮にあたった。コピーライターとしては「自転車サイズの町」や「濡れたって、3分」というマンション広告のコピーや、サントリー「ブランデー、水で割ったら、アメリカン」などの作品があり、広告業界の賞を数多く受賞した[2]

2006年、宮川智雄社長の指名を受け、博報堂、大広読売広告社持株会社である博報堂DYホールディングスの社長に就任[3]。クリエイティブ出身の社長は、東海林隆に次ぎ2人目[4]

2010年意思決定迅速化のため経営体制の変更をし、子会社の博報堂社長を兼務。2017年から同社会長兼務[5]。2019年から博報堂DYホールディングス会長兼最高経営責任者兼博報堂会長[6]

略歴[編集]

  • 1948年11月 静岡県静岡市出身
  • 1967年3月 静岡県立静岡高等学校卒業
  • 1972年3月 一橋大学社会学部卒業
  • 1972年4月 株式会社博報堂入社
  • 1988年4月 株式会社博報堂 第三制作局クリエイティブディレクター
  • 1991年4月 株式会社博報堂 第二制作局グループヘッド
  • 1997年12月 株式会社博報堂 経営管理本部経営企画室長代理
  • 1998年12月 株式会社博報堂 経営管理本部経営企画室長
  • 2000年2月 株式会社博報堂 役員待遇経営企画局長
  • 2001年2月 株式会社博報堂 取締役経営企画局長
  • 2002年6月 株式会社博報堂 取締役常務執行役員
  • 2003年10月 株式会社博報堂DYホールディングス 常務取締役(統括担当(人事企画室、経営企画室担当))
  • 2005年6月 株式会社博報堂DYホールディングス 専務取締役 兼 株式会社読売広告社 取締役
  • 2006年6月 株式会社博報堂DYホールディングス 代表取締役社長
  • 2007年4月 グループ戦略統括担当 兼任
  • 2009年4月 イノベーション創発センター担当 兼任
  • 2010年6月 株式会社博報堂 代表取締役社長 兼任
  • 2019年6月 株式会社博報堂DYホールディングス代表取締役会長CEO[6]

著作物[編集]

  • 「レポート&インタビュー 戸田裕一(博報堂DYホールディングス社長) 統合ソリューションのパートナーになる」 経済界. 43(19) (通号 880) [2008.9.30]
  • 「広告会社の新たな取り組み 博報堂DYグループ「エンゲージメント・リング」」 宣伝会議. (通号 729) [2007.11.15]
  • 「インタビュー 博報堂DYホールディングス社長 戸田裕一 既存の広告市場の地固めをしながら、ネット関連や広告周辺領域の掘り起こしをしていきたい」 財界. 54(18) (通号 1368) [2006.9.12]
  • 「座談会 広告が面白いから新聞を読む! (特集:新聞広告のクリエイティブ) 」(土屋耕一、高梨駿作他との共同著作物)日経広告手帖. 41(6) [1997.05]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞2006年05月02日
  2. ^ 朝日新聞2006年05月02日
  3. ^ 日本経済新聞2006/04/27
  4. ^ 朝日新聞2006年05月02日
  5. ^ 日経産業新聞2010年1月28日
  6. ^ a b 博報堂DYホールディングス、代表取締役の異動および役員の異動に関するお知らせ博報堂DYホールディングス


先代:
宮川智雄
博報堂DYホールディングス社長
(2006年 - 2019年)
次代:
水島正幸
先代:
成田純治
博報堂DYホールディングス会長
(2019年 - )
次代:
(現職)