戸谷敏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

戸谷 敏之(とや としゆき、1912年明治45年)7月 - 1945年昭和20年)9月)は、日本の経済学者歴史学者日本常民文化研究所員。専門は農業経済史。

略歴[編集]

1912年(明治45年)7月、長野県埴科郡松代町に生まれる。東京府立第一中学校第一高等学校文科甲類を経て、1933年(昭和8年)に東京帝国大学経済学部に入学する[1]。しかし、思想問題により第一高等学校の卒業を取り消され、東京帝国大学への入学も取り消される[1]1934年(昭和9年)に法政大学予科に入学し、1939年(昭和14年)に法政大学経済学部を卒業する。大学時代には小野武夫大塚久雄に師事する。

アチック・ミューゼアム(後に日本常民文化研究所に名称を変更)に入り、農業経済史を研究するが、1944年(昭和19年)に応召される。

1945年(昭和20年)9月、フィリピンにて敗走中に戦死、享年34。

人物[編集]

府立一中を首席で卒業し、指導教授の大塚久雄と渡り合えるほどの学識を有していた。[2] 特に、イギリスヨーマンと呼ばれる独立自営農民の研究ではどんな学者の追随も許さなかった。[2] 大塚史学の形成に寄与したと言われ、アチック・ミューゼアム(日本常民文化研究所)一の俊英と謳われる[2]

大塚は戸谷に絶大な信頼を置いており、戦後、事あるごとに「戸谷君がいきていればねえ・・・」と漏らしていた。大塚は戸谷の復員を信じ、大塚の懇望によって、東京大学経済学部に戸谷のために助教授のポストを空けて待っていた。[3]

その他[編集]

1939年(昭和14年)に、実験民俗学と称して、5年後の日本と日本人の生活がどうなっているかを、アチック・ミューゼアム内で予測し、その回答を天井裏に保管しておいた。1943年(昭和18年)に開けてみると戸谷の回答がもっとも正鵠を得ていた。戸谷はそこに、こう書いていた。『日本は日中戦争の処理に窮しておそらく第二次世界大戦に発展するだろう。それから一年半の後、ソ連は日本に向かって開戦し、やがて日本は敗戦に追いつめられるだろう』[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『切支丹農民の経済生活-肥前国彼杵郡浦上村山里の研究』(伊藤書店、1943)
  • 『近世農業経営史論』(日本評論社、1949)
  • 『イギリス・ヨーマンの研究』(御茶の水書房、1951)

共著[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本史研究者事典』
  2. ^ a b c d 『畸人巡礼 怪人礼讃』
  3. ^ 『大塚久雄 人と学問』98頁