戸野周二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戸野周二郎

戸野 周二郎(との しゅうじろう、慶応2年12月10日[1]1867年1月15日) – 昭和30年(1955年))は、日本の教育者。三重県四日市市長

経歴[編集]

丹後田辺藩儒戸野周太郎の二男として舞鶴に生まれる[1]京都府師範学校を卒業後、東京専門学校(現在の早稲田大学)を経て、1891年明治24年)に東京高等師範学校文科を卒業[1]青森県師範学校校長、長野県視学、東京高等師範学校を歴任した[1]1902年(明治35年)、湖北師範学堂に総教習・学務顧問として招かれ、に渡った[1]1904年(明治37年)に帰国した後は東京市教育課長に任じられた[1]1914年大正3年)からは下谷区長を務め[1]1919年(大正8年)には東京市助役に就任した[2]

1925年(大正14年)に四日市市長に選出され、1933年(昭和8年)まで在任した。

家族[編集]

著書[編集]

  • 『学校及教師と図書館』(宝文館、1909年)NDLJP:897094

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 大正名家録 1915.
  2. ^ 東京都公文書館. “歴代東京市長・助役一覧” (日本語). 2016年8月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 原田道寛『大正名家録』二六社編纂局、1915年。


公職
先代:
山田敬正
下谷区
1914年 - 1919年
次代:
岩田重義