戸高一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「戸髙一成」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

戸髙 一成(とだか かずしげ、1948年4月10日 - )は、日本の海軍史研究家。呉市海事歴史科学館大和ミュージアム)長、呉市参与[1]

略歴[編集]

宮崎県出身[1]。1973年、多摩美術大学美術学部卒業[1]。友人とデザイン会社を経営した後、財団法人史料調査会の主任司書となる。1992年、同財団理事[1]。その傍ら、当時戦記物を出版していた今日の話題社の経営に10年程関わり、社長も務めた。1994年、旧厚生省より戦没者追悼平和祈念館設立準備室の立ち上げを依頼され転籍、今日の話題社社長も辞職。1999年に昭和館図書情報部長[1]、2004年に呉市企画部参事補[1]、2005年4月より呉市海事歴史科学館長[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『戦艦大和復元プロジェクト』(角川oneテーマ21、2005年)
  • 『戦艦大和に捧ぐ』(PHP研究所、2007年)
  • 『聞き書き・日本海軍史』(PHP研究所、2009年)
  • 『海戦からみた日露戦争』(角川oneテーマ21、2010年)
  • 『海戦からみた日清戦争』(角川oneテーマ21、2011年)
  • 『海戦からみた太平洋戦争』(角川oneテーマ21、2011年)

共著[編集]

  • 半藤一利)『日本海海戦かく勝てり』(PHP研究所、2004年/PHP文庫、2012年)
  • (半藤一利・横山恵一・秦郁彦)『歴代海軍大将全覧』(中公新書ラクレ、2005年)
  • (半藤一利・保阪正康中西輝政福田和也加藤陽子)『あの戦争になぜ負けたのか』(中公新書ラクレ、2005年)
  • (半藤一利)『愛国者の条件 昭和の失策とナショナリズムの本質を問う』(ダイヤモンド社、2006年/「日本人と愛国心」 PHP文庫、2014年)
  • 諏訪哲二森永卓郎長山靖生・桜井裕子)『社説対決 五番勝負』(中公新書ラクレ、2007年)
  • (半藤一利・秦郁彦・平間洋一・保阪正康・黒野耐戸部良一・福田和也)『昭和陸海軍の失敗 彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか』(文春新書、2007年)
  • (半藤一利・秦郁彦・前間孝則・鎌田伸一・江畑謙介兵頭二十八・福田和也・清水政彦)『零戦と戦艦大和』(文春新書、2008年)
  • 江川達也)『知識ゼロからの日清日露戦争入門』(幻冬舎、2009年)
  • (半藤一利・秦郁彦・原剛松本健一)『徹底検証 日清・日露戦争』(文春新書、2011年)
  • (半藤一利・秦郁彦)『連合艦隊 戦艦12隻を探偵する』(PHP研究所、2011年)
  • 澤地久枝・半藤一利)『日本海軍はなぜ過ったか 海軍反省会四〇〇時間の証言より』(岩波書店、2011年/岩波現代文庫、2015年)

編集・監修[編集]

  • 木村鷹太郎『一天四海五大洲の大日蓮』(復刻版)(八幡書店、1985年)
  • 『フォトグラフ日本海軍』全5巻(国書刊行会、1985年)
  • 堀元美・阿部安雄共著『写真集 連合艦隊』(朝日ソノラマ、1986年)
  • 『聖将東郷全伝 別巻』(国書刊行会、1987年)
  • (阿部安雄)『福井静夫著作集』全12巻(光人社、1992年-2003年)
  • (林唯一)『爆下に描く 戦火のラバウルスケッチ紀行』(校訂、中公文庫、2000年)
  • 松本喜太郎『戦艦大和設計と建造』(アテネ書房、2000年/増補決定版、ダイヤモンド社、2006年)
  • 海軍義済会編『日本海軍士官総覧』(柏書房、2003年)
  • 『極秘日露海戦写真帖』(柏書房、2004年)
  • 『日本海軍進水絵はがき』全4巻(光人社NF文庫、2004年)
  • 『空母「千代田」+「陸軍M丙型空母」』(プレアデス工房、2004年)
  • 秋山真之戦術論集』(中央公論新社、2005年)
  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集』全5巻・別巻(ダイヤモンド社、2005年)
  • 『軽巡「大淀」 新造時+改装後 一般艤装図』(プレアデス工房、2005年)
  • 『[証言録] 海軍反省会』(PHP研究所、2009年-刊行中)
  • 『日本海海戦の証言 聯合艦隊将兵が見た日露艦隊決戦』(光人社、2011年)

訳書[編集]

脚注[編集]