房総の魅力500選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

房総の魅力500選(ぼうそうのみりょくごひゃくせん)は、1983年(昭和58年)に千葉県の人口が500万人を突破したことを記念して、ふるさと再発見の考えのもと選ばれた名所、名物などである。

概要[編集]

選定は、各市町村に推薦された候補976項目の中から計500項目が、県民から募った投票の結果を踏まえ、有識者らによって構成された房総の魅力500選実行委員会により選定された。分野は、自然、歴史、施設、民俗、特産の5分野で、各分野から100項目ずつ選ばれた。

選定項目一覧[編集]

一覧の項目名称は千葉県発表の名称を使用しているため、地元での呼称、Wikipediaの項目名称と異なる場合がある。

また、施設分野については選定以降に名称を変更、または閉鎖等が発生している場合がある。

自然[編集]

海岸干潟(28項目)
(9項目)
養老渓谷温泉
(16項目)
(8項目)
森・林(21項目)
動植物(16項目)
地層

歴史[編集]

神社仏閣・歴史的建造物(52項目)
史跡(31項目)
街道(3項目)
偉人(14項目)

施設[編集]

文化施設(14項目)
スポーツ・レジャー施設・遊園地(24項目)
交通施設(7項目)
いすみ鉄道
公園(28項目)
塔・橋・ダム(10項目)
町並み・道(6項目)
その他(11項目)

民俗[編集]

伝統的な祭り・行事(38項目)
神楽・舞・唄(28項目)
新しいまつり・行事(22項目)
伝承・民話(10項目)
その他(2項目)

特産[編集]

農・林・畜産品(29項目)
水産品(14項目)
民・工芸品(27項目)
加工食品(17項目)
郷土料理(12項目)
その他(1項目)