扇ひろこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
扇 ひろ子
出生名 乗松 博美
生誕 (1945-02-14) 1945年2月14日(74歳)
出身地 日本の旗 日本
学歴 相愛高等学校卒業
ジャンル 演歌
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1964年 -
レーベル 日本コロムビア

扇 ひろ子(おうぎ・ひろこ、本名:田辺 博美、1945年2月14日 - )は、日本演歌歌手である。既婚。

略歴[編集]

広島県広島市段原中町(現:南区段原)生まれ[1][注 1]。生後6ヶ月を目前にした1945年8月6日、爆心地から約2キロの自宅で被爆、父を亡くした[1][2]。母とも生き別れ四国愛媛県の祖父母宅で9歳まで育ち[1]、その後、再会した母とともに大阪に出て9歳から大阪市西区で育った[1]

幼い頃から歌好きの母に連れられ歌謡学院などで歌う[1]

相愛高等学校卒業後の1963年、日本コロムビアと契約。1964年8月6日の広島平和記念式典石本美由紀作詞の「原爆の子の像」をデビュー曲として歌った[1][3]千羽鶴を折りながら原爆症で亡くなった佐々木禎子をしのぶこの歌は原爆遺児の一人として歌いたかったという。しかし、版権を広島市に寄贈したため、公式デビュー曲は同年発売の「赤い椿の三度笠」となる。同年、同じ日本コロムビアから、小林幸子都はるみがデビュー、このため会社としての扇の推しは全くなかったという[2]

1965年に「哀愁海峡」、1967年に「新宿ブルース」が大ヒットして第一線に出た。同曲は「新宿以外の地方の人は買わないだろう、それに暗い歌」と周りから反対されたが、哀愁を帯びた歌は大ヒットし、ご当地ソングの先駆けとなったといわれる[2][4]

NHK紅白歌合戦に2回出場という実績を持つ(詳細は下記参照)。

また、女優としても活躍し、任侠映画の女侠客役で、1969年の日活『昇り竜鉄火肌』(石井輝男監督)の主演を始め、映画にも多数出演。任侠映画では、東映の藤純子(現:富司純子)、大映江波杏子と共に「日活の扇ひろ子」として人気を博す[1][2]。他、1971年の東宝『闇の中の魑魅魍魎』(中平康監督)や1972年の東映女囚さそりシリーズ第1作『女囚701号/さそり』(主演:梶芽衣子)の準主役の女囚役などが有名。

1972年に「鹿島密夫とダイナ・ショウ」の18歳年上の鹿島密夫と結婚。鹿島の姉が経営するアラモアナの和風レストラン「浅草」を応援するためハワイへ。店勤めが2、3年続いたが、経営が芳しくなく解雇され帰国。五反田の自宅マンションを抵当に入れ、旧月世界通りにレストランを出すが2年で閉店。鹿島が外に女性をつくり、店の後始末には知らん顔したことに、堪忍袋の緒が切れて、1976年に離婚。借金は6000万円を超えていて、マンションも差し押さえ。当時所属の第一プロが高利貸しに借りていた借金を肩代わりし、残りの借金は扇が働いて返済することになった。やがてマネージャーとして第一プロから送られたのが後に夫となる10歳年下の男性で、1986年に男性が円満退社し、同年4月に明治神宮で挙式。独立事務所「オフィス扇ひろ子」を夫と設立。

1980年、『タモリのオールナイトニッポン』で、扇の曲「新宿ゴールデン街」(ビクター・1975年発売)のレコードを、通常の45回転から33回転に変えたらオカマのような声になると話題となり、同年にレコードが再発売された(レコード品番はオリジナル盤が旧ロゴ・黒レーベルのSV-1248、再発盤が現ロゴ・オレンジレーベルのSV-7003)。

現在も全国各地のホール、温泉場などで公演を続けている。近年は自身も被爆者手帳を持ち被爆体験も持つことから、前述の「原爆の子の像」や、美空ひばりが第一回の広島平和音楽祭で歌ったことで知られる「一本の鉛筆」などの反戦歌なども歌っている[1]

2012年7月7日、広島市文化交流会館で開催されたNHK広島放送局主催の「いのちのうた2012 ヒロシマから明日へのメッセージ」に石井竜也らと共に出演。

2013年5月16日放映の「木曜8時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜」(テレビ東京)に出演。

主な出演[編集]

映画[編集]

  • 太陽に突っ走れ (1966年、東映) - 本人
  • 純情二重奏 (1967年)
  • 明治血風録 鷹と狼 (1968年)
  • 昇り竜 鉄火肌 (1969年)
  • めくらのお市 地獄肌 (1969年)
  • 博徒無情 (1969年)
  • 昇り竜 やわ肌開張 (1969年)
  • 姐御 (1969年)
  • 朱鞘仁義 鉄火みだれ桜 (1969年)
  • 朱鞘仁義 お命頂戴 (1969年)
  • 斬り込み (1970年)
  • 闇の中の魑魅魍魎 (1971年)
  • 女囚701号/さそり (1972年)
  • ロスト・ラブ -あぶら地獄- (1974年)
  • 夏の別れ (1981年)

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 琴姫七変化 第97・98話(1962年)乗松ひろみ名儀
  • いかすぜ珍商売(フジテレビ)
  • 特別機動捜査隊(NET)
    • 第234話「故郷は美くし」(1966年)
    • 第319話「おんなのブルース」(1967年) - ひろ子
  • 木枯し紋次郎 第9話「湯煙に月は砕けた」(1972年、フジテレビ) - お久
  • 弥次喜多隠密道中 最終話「恐怖の銅山-宇和島-」(1972年、日本テレビ)
  • 水戸黄門 第8部 第5話「秘密を握られた男-清水-」(1977年8月15日、TBS) - お仙 ※ 扇ひろ子名義

ドラマ以外のテレビ番組[編集]

他、数々の歌番組に出演。

ラジオ番組[編集]

その他[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

日本コロムビア[編集]

  • 原爆の子の像(1964年)
  • 赤い椿の三度笠/姫?やくざ(SAS-284)
  • 哀愁海峡/赤いなぎさ(SAS-464)
  • 女の影法師/女は夢がほしいのよ(SAS-607)
  • 浮草哀歌/女のひとりごと(SAS-669)
  • 未練の涙/にくい人(SAS-691)
  • 追憶の涙/温泉小唄(SAS-737)
  • オランダ屋敷の花/笹舟日記(SAS-796)
  • あいうえお小唄/浮草の宿(SAS-806)
  • 新宿ブルース/悪い人よあなた(1967年3月、SAS-855)
  • 哀愁椿/夜が泣かさせるの(SAS-902)
  • 愛されたいの/女のブルース(SAS-929)
  • いろは小唄/爪をかむ女(1967年、SAS-981)
  • ネオンブルース/むらさきの夜(SAS-1034)
  • カスバの女/夢は夜ひらく(SAS-1070)
  • みれん海峡/ながれる女(1968年、SAS-1115)
  • 花のしずく/なみだ川(SAS-1167)
  • 済んでしまったの/銀座ワルツ(SAS-1250)
  • 仁義/東京三度笠(SAS-1283)- 丘灯至夫コロムビア専属20年記念レコード、日活映画「昇り龍鉄火肌」主題歌
  • 女/函館の夜(SAS-1337)
  • 女のみだれ花 女無頼/ひとりぼっちの唄(SAS-1375)

ビクターレコード[編集]

  • 新宿ゴールデン街/女の子守唄(1975年10月、SV-1248)
  • 緋牡丹ブルース/北の渡世人(SV-1188)
  • 女と港町/甘い生活(SV-1198)
  • 女の小唄/他人顔(SV-6336)
  • 赤い靴の旅/道案内(SV-6562)
  • にがい酒/みれん夜曲(1979年、SV-6612)
  • 新宿ゴールデン街/女の子守唄(1980年、SV-7003)- 再発
  • 新宿宵待草/女の舟唄(SV-7092)
  • 女浜酒場/昨日の女(SV-7249)

日本ビクター[編集]

  • 傷心/新宿さすらい女(E-1030)

テイチクレコード[編集]

  • 浪花の大将/負けなやあんた(1989年10月21日、RE-787)

日本コロムビア[編集]

  • 差し向かい/夢さがし(1994年10月21日)
  • 華の女道/花いちもんめ(2003年10月22日、COCA-)
  • 夢路坂/修羅の旅/越前海岸(2008年9月24日、COCA-16178)
  • 酔いどれほたる/華の女道(2013年10月23日、COCA-16776)- 歌手生活50周年記念
  • 深川美人/さすらい女節(2015年10月21日、COCA-17074)
  • おんな流れ花/涙色のタンゴ(2017年11月22日、COCA-17359)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第18回 (1967年12月31日、東京宝塚劇場) 『新宿ブルース』
  • 第19回 (1968年12月31日、東京宝塚劇場) 『みれん海峡』
    • 第19回は扇の歌唱映像が現存する
    • 第19回は『思い出の紅白歌合戦』(NHK-BS2)で、扇の歌唱映像も含め全編が再放送されている。
    • 第18回も映像は現存するが、扇の歌唱映像については詳細不明。

受賞[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 段原中町は現在の住所では段原三丁目、段原南二丁目あたりとなる(中国新聞 2009年7月25日 10面)。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • あの時この歌―戦後日本歌謡史― 嬉一夫(中国新聞)著 渓水社 1983年10月