扇映画プロダクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
扇映画プロダクション
Ougi Eiga Productions
種類 不明
市場情報 消滅
略称 扇映画
本社所在地 日本の旗 日本
東京都
設立 1965年4月
業種 サービス業
事業内容 映画製作
代表者 代表 斎藤邦唯
主要株主 斎藤邦唯
関係する人物 渡辺護
関喜誉仁
テンプレートを表示

扇映画プロダクション(おうぎえいがプロダクション)は、かつて存在した日本の映画製作会社である[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]。略称扇映画[1][2][3][4][6][7][8][9]。短命であったが、独立系成人映画の黎明期にあって、脚本家助監督を務めていた渡辺護監督に抜擢し、渡辺の初期9作を製作したことで知られる[1][2][3]

日本映画データベース等に一部みられる「翁映画」あるいは「葵映画」[8]は誤り[1][2][3][11]

沿革[編集]

概要[編集]

渡辺護を監督に抜擢[編集]

1965年(昭和40年)4月、斎藤邦唯(1929年 - )[12][13][14][15][16]が代表となり、東京都に設立した[4]。創業者の斎藤邦唯は、もともと文学座出身の俳優であり、第二次世界大戦後の1954年(昭和29年)に製作を再開した日活に一時在籍、その後は草間百合子、滝口順平らとともに衣笠プロダクションに所属していた[12]。1960年(昭和35年)に放映されたテレビ映画アラーの使者』(監督近藤龍太郎)に「宇野刑事」役で出演した後に製作に転向[16]、渡辺護の回想によれば、1964年(昭和39年)には、渡辺が助監督を務めた『悶える女子学生』(監督南部泰三、同年11月公開)の製作を務めていたという[17]。斎藤は、同社設立第1作の製作にあたって、渡辺に成人映画を撮れる監督の紹介を依頼、渡辺はかつて師事した西條文喜(1921年 - 1988年)を推薦、吉田義昭(1932年 - 1989年)とともに脚本を準備するが、脚本完成段階で西條が降板、急遽、渡辺が監督に起用されることになったという[18]。これが渡辺にとっても監督第1作である『あばずれ』であった[18]。同作のスタッフ編成に協力した関喜誉仁(1923年 - 没年不詳)は、竹野治夫、村瀬栄一といったヴェテラン撮影技師照明技師を確保、同作のクォリティを築いた[18]。関は、マキノ正博が所長を務めていた時代の松竹下加茂撮影所から、戦後の日活に移籍した映画監督であった。クレジット上は吉田義昭は「吉田貴彰」、竹野治夫は「生田洋」、村瀬栄一は「村井徹二」といった変名を使用し、関喜誉仁は「沖弘次」の名で「監修」に名を連ねた[19]

同作の次には、関喜誉仁が「沖全吉」の名で『嬲る』『妾の子』の2作を監督、同社はそれらを製作した[11]。同社の製作物は、『あばずれ』『嬲る』を新東宝興業(現在の新東宝映画)が、『妾の子』と『情夫と牝』(監督渡辺護)を桑原正衛が同年5月26日に設立したムービー配給社(のちの関東ムービー配給社)が配給、『紅壺』(監督渡辺護)を井上猛夫が前年1964年10月1日に設立したセンチュリー映画社と、矢島常二(1900年 - 1981年)が1964年4月に大阪に設立した日本セントラル映画の2社が棲み分けて配給した[1][20][21]。明けて1966年(昭和41年)1月に公開された『浅草の踊子 濡れた素肌』(監督渡辺護)、続けて同年2月に公開された『女の狂宴』(監督渡辺護)は、センチュリー映画社が配給したが、同年上半期、センチュリー映画社が倒産してしまい[22]、同年3月22日に公開された『うまず女』(監督渡辺護)以降は、すべて大蔵映画が配給することになった[1][2][3][9][10]。しかしながら、同年8月23日に公開された『女子大生の抵抗』(監督渡辺護)を最後に、同社の製作する作品のクレジットを見ることがなくなった[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]。事実上の活動停止である。斎藤邦唯の以降の活動は不明であるが、生前の渡辺護(2013年12月24日死去)は、斎藤とは「まだつきあいがあります」と語っていた[17]

再評価[編集]

同社の製作物のうち、上映用プリント等が現存するのは、東京国立近代美術館フィルムセンターが所蔵する『紅壺』のみと考えられていたが、2014年(平成26年)、同社の第1作『あばずれ』の16mmフィルム版上映用プリントが発見され、同年12月5日 - 同9日に神戸映画資料館で行われた「渡辺護 はじまりから、最後のおくりもの。」の特集上映で同作が上映された[23]。『紅壺』についても、同年10月25日 - 同月31日にユーロスペースで行われた「渡辺護追悼 そして『たからぶね』の船出」の特集上映でデジタル上映が行われている[24]。デジタル・ミームは同社の製作物を所蔵しておらず[25]、事実上、同2作以外の作品は現存が確認されていないが、井川耕一郎らを中心に脚本等を基にした研究・再評価が進められている[18]

企業データ[編集]

おもなフィルモグラフィ[編集]

すべて「製作」である[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、デジタル・ミーム等での所蔵状況も記した[7][25]

1965年[編集]

  • あばずれ』 : 製作斎藤邦唯、監修沖弘次、監督渡辺護、脚本吉田貴彰、撮影生田洋、主演飛鳥公子、配給新東宝興業、1965年6月公開(成人映画・映倫番号 不明) - 製作[19]、60分の16mmフィルム版上映用プリントが現存[23]
  • 『嬲る』 : 製作斎藤邦唯、監督沖全吉、配給新東宝興業、1965年8月公開(成人映画・映倫番号 14092) - 製作[11]
  • 『妾の子』 : 製作斎藤邦唯、監督沖全吉、脚本佐井勘三、配給ムービー配給社、1965年9月公開(成人映画・映倫番号 14163) - 製作[11]
  • 紅壺[1][3](『紅壺 べにつぼ』[7]『紅壷』[6]) : 製作斎藤邦唯、企画井上猛夫、監督渡辺護、脚本吉田貴彰、撮影大森一郎、主演真山ひとみ、配給センチュリー映画社・日本セントラル映画[20][21]、1965年10月公開(成人映画・映倫番号 14082) - 製作、『紅壺 べにつぼ』題の74分の上映用プリントをNFCが所蔵[7]・78分のデジタル素材が現存[24]
  • 『情夫と牝』 : 製作斎藤邦唯、企画扇映画企画部、監督渡辺護、脚本奈加圭市、撮影竹野治夫、主演中島京子、配給ムービー配給社、1965年10月公開(成人映画・映倫番号 65602) - 製作

1966年[編集]

  • 『浅草の踊子 濡れた素肌』[1](あさくさのストリッパー ぬれたすはだ、『浅草の踊り子 濡れた素肌』[9]『濡れた素肌』[6]) : 製作斎藤邦唯、企画井上猛夫、監督渡辺護、脚本栄町はじめ、撮影生田洋、主演可能かず子、配給センチュリー映画社、1966年1月公開(成人映画・映倫番号 14290) - 製作
  • 『女の狂宴』 : 製作斎藤邦唯、企画井上猛夫、監督渡辺護、脚本吉田貴彰、撮影生田洋、主演菊地京子・清水せつ、配給センチュリー映画社、1966年2月公開(成人映画・映倫番号 14363) - 製作
  • 『うまず女』[9][6][10](『石女 うまず女』[1]) : 製作斎藤邦唯、企画大島一城、監督渡辺護、脚本奈加圭市、撮影生田洋、主演丘百合子・香取環、配給大蔵映画、1966年3月審査・同月22日公開[10](成人映画・映倫番号 14423) - 製作
  • 『のたうち』 : 製作斎藤邦唯、企画大島一城、監督渡辺護、脚本吉田義昭、撮影生田洋、主演新高恵子、配給大蔵映画、1966年5月審査・同月17日公開[10](成人映画・映倫番号 14503) - 製作
  • 『絶品の女』 : 製作斎藤邦唯、企画大島一城、監督渡辺護、脚本栄町はじめ、主演新高恵子、配給大蔵映画、1966年7月審査・同月12日公開[10](成人映画・映倫番号 14557) - 製作
  • 『女子大生の抵抗』 : 製作斎藤邦唯、企画大島一城、監督渡辺護、脚本石森史郎、撮影遠藤精一、主演谷口朱里、配給大蔵映画、1966年8月審査・同月23日公開[10](成人映画・映倫番号 14631) - 製作

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 年鑑[1967], p.325-333.
  2. ^ a b c d e f g h 年鑑[1968], p.317.
  3. ^ a b c d e f g h キネ旬[1973], p.26, 59-60, 69, 86, 93, 107, 115.
  4. ^ a b c d e f g 田中[1976], p.85-86.
  5. ^ a b c Ôgi Eiga Production, インターネット・ムービー・データベース (英語)、2015年5月18日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 扇映画文化庁、2015年5月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 所蔵映画フィルム検索システム検索結果、東京国立近代美術館フィルムセンター、2015年5月18日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 1965年 公開作品一覧 509作品日本映画データベース、2015年5月18日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h 1966年 公開作品一覧 486作品、日本映画データベース、2015年5月18日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j 大蔵映画黎明期プログラムリスト、PINK HOLIC, トライワークス、2015年5月18日閲覧。
  11. ^ a b c d 渡辺護、監督第二作『紅壺』の頃を語る、渡辺護公式サイト、2015年5月18日閲覧。
  12. ^ a b キネ旬[1958], p.137.
  13. ^ 斎藤邦唯 - 日本映画データベース、2015年5月18日閲覧。
  14. ^ 斎藤邦唯 - 文化庁日本映画情報システム、2015年5月18日閲覧。
  15. ^ 斎藤邦唯 - KINENOTE、2015年5月18日閲覧。
  16. ^ a b 斎藤邦唯 - テレビドラマデータベース、2015年5月18日閲覧。
  17. ^ a b 『悶える女子学生』を製作したやつは斉藤邦唯って言って、まだつきあいがありますけど井川耕一郎、2013年8月3日付、2015年5月18日閲覧。
  18. ^ a b c d 渡辺護、監督デビュー作『あばずれ』(65)を語る渡辺護公式サイト、2015年5月18日閲覧。
  19. ^ a b 監督作品解説、渡辺護公式サイト、2015年5月18日閲覧。
  20. ^ a b 紅壺、扇映画プロダクション・センチュリー映画社、1965年6月。
  21. ^ a b 紅壺、扇映画プロダクション・日本セントラル映画、1965年6月。
  22. ^ 年鑑[1967], p.213.
  23. ^ a b 渡辺護 はじまりから、最後のおくりもの。神戸映画資料館、2014年12月付、2015年5月18日閲覧。
  24. ^ a b 渡辺護追悼 そして『たからぶね』の船出 Archived 2014年10月15日, at the Wayback Machine.、ユーロスペース、2015年5月18日閲覧。
  25. ^ a b フィルムリスト検索結果、デジタル・ミーム、2015年5月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

画像外部リンク
あばずれ
1965年6月公開
新東宝興業
紅壺
1965年6月公開
センチュリー映画社
紅壺
同上
(日本セントラル映画)
情夫と牝
1965年10月公開
ムービー配給社