手力雄神社 (館山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
手力雄神社
手力雄神社・拝殿
所在地 千葉県館山市大井1129
位置 北緯35度0分8.80秒
東経139度56分7.82秒
主祭神 天手力雄神
社格 郷社
創建 伝 神武天皇元年
例祭 10月9日
テンプレートを表示

手力雄神社(たぢからおじんじゃ)は、千葉県館山市にある神社

歴史[編集]

伝承によれば、神武天皇元年(紀元前660年)に忌部氏が祀ったことに始まるという。天正12年(1584年)には里見義頼の寄進により社殿が改築された。江戸時代までは大井大明神と呼ばれ、里見氏、次いで江戸幕府からも崇敬を受け、社領を安堵されている。

主な神事[編集]

  • 9月 敬老の日の前の土曜日曜 安房国司祭(八幡の祭、やーたんまっち)
  • 10月9日 例大祭

安房国司祭は鶴谷八幡宮(旧安房国総社)の祭で、当社からは神輿1台が参加する。

文化財[編集]

手力雄神社・鳥居

交通アクセス[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]