手塚るみ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記U+FA10.svgと異なる可能性があります。
てづか るみこ
手塚るみ子
生誕 (1964-04-30) 1964年4月30日(56歳)
職業 プランニングプロデューサー
手塚プロダクション取締役
配偶者 桐木憲一

手塚るみ子(てづか るみこ、1964年4月30日 - )は、プランニングプロデューサー、手塚プロダクション取締役、父は漫画家の手塚治虫、兄はヴィジュアリスト(映像作家)の手塚眞。夫は漫画家の桐木憲一

人物・来歴[編集]

1964年、東京都練馬区で手塚治虫の長女(第2子)として生まれる。

成蹊小学校成蹊中学・高等学校を経て、成蹊大学文学部文化学科を卒業、広告代理店I&Sに入社し、イベントやセールスプロモーションの企画に携わる。父の没後に独立し、手塚作品をもとにしたイベントや展示を企画する。また、朝日放送(現・朝日放送グループホールディングス)が創立50周年記念のキャンペーンとして行った「ガラスの地球を救え」のプロデュースおよび関連ラジオ番組「Earth Dreaming〜ガラスの地球を救え〜」に携わり、パーソナリティも務めた。他に音楽レーベルのプロデュース、講演会、トークショーを行うなど、多方面で活動をしている。

1997年、33歳の時に肩にアトムのタトゥーを彫った[1][2]。個性的なカットやテキスタイルの被服を好み、髪色も20年ほど緑色(るみ子曰く「屋久島の苔色」)にカラーリングしていた[3]

有名漫画家の子供(二世)たちによる交流会「二世会」を主宰している[4]

2017年10月、桐木憲一と婚姻届を提出した[5][6]

家族・親族[編集]

出演番組[編集]

※2005年公開のアニメ映画『ブラック・ジャック ふたりの黒い医者』と同時上映された作品。声を担当。

著作物[編集]

著書[編集]

  • 『オサムシに伝えて』(1994年、太田出版)・2003年、光文社(知恵の森文庫)
    • 「定本 オサムシに伝えて」(2017年2月、立東舎文庫) ISBN 978-4845629886 ※2度目の文庫化にあたり一部改訂。また巻末には手塚治虫も足を運んだという文壇バーとして名高い「クラブ数寄屋橋」のママとの対談も収録。表紙イラストは桐木憲一による描きおろし
  • 『こころにアトム』(1995年、カタログハウス) ISBN 978-4905943198
  • 『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』(2010年2月、文藝春秋水木悦子赤塚りえ子共著 ISBN 978-4163720500 ※水木しげる赤塚不二夫・手塚治虫の娘たちによるトーク集。
    • ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘(2012年5月、文春文庫)

関係著作物[編集]

関連項目[編集]

  • 桐木憲一
  • 田中圭一 - トークライブを行うなどの交流がある。また、コミックス『田中圭一最低漫画全集 神罰』の帯文に一筆寄せたこともある。
  • 郷田由芽 - 1999年のテレビドラマ『永遠のアトム 手塚治虫物語』に於いて、るみ子を演じた。
  • ピノコ - 「ブラック・ジャック」のキャラクター。手塚は顔をるみ子に似せて作画したという。
  • つのがい - 2015年にSNS上に手塚治虫のタッチで描いたイラストやショート漫画を掲載していたところ、その出来に感嘆したるみ子が直々にDMを送り、スカウトした。2016年より手塚プロダクションの公式イラストレーターとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 手塚るみ子Twitter 2012年5月20日付
  2. ^ 手塚るみ子Twitter 2019年3月24日付
  3. ^ 手塚るみ子Twitter 2020年7月6日付
  4. ^ 【ペンと箸 刊行記念!】田中圭一:制作秘話インタビュー「はじめはその場しのぎのつもりだった」 - ぐるなび みんなのごはん。・2016年12月14日
  5. ^ 手塚治虫さん長女・手塚るみ子さん、漫画家・桐木憲一さんと結婚パーティー” (2017年10月6日). 2017年10月7日閲覧。
  6. ^ 婚姻届の“婚姻後の夫婦の新しい氏・本籍地”項目で「妻の氏」を選択、新たに手塚姓の籍を新設したため夫となった桐木憲一は手塚姓になった(仕事する上でのペンネームは桐木のままである)。一本木蛮Twitter 2017年10月7日付