手打ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

手打ち(てうち)は文字通り手を打ち鳴らす意味の他、

一覧[編集]

  • うどん蕎麦ラーメンなどの麺を機械を使わず手作業で作ること。特に延ばしたり、切ったりする工程を人手で行うこと指す。素麺の場合は手延べとも言う。
  • 人や組織などが争い事をやめ、仲直りする事。あるいは取り決め、契約を交わすこと。その際双方が実際に手を打ち鳴らすことを慣例としたことから。→『手締め』を参照。
  • 主に武士が、自らの手で他人を斬り殺すこと。また、戦場で手ずから討ち取ること。『手討ち』。
  • コンピュータプログラミングなどにおいて、専用のツールを使用せず、各命令をすべてキーボードでタイプすることを「手打ち」と呼ぶことがある。例として、HTMLで記述されたウェブページを作成する際、Webオーサリングツールを使用せず、HTMLタグを直接タイプして入力することなどが挙げられる。
  • ボクシングなどの格闘技において、体重を乗せずに腕の筋肉だけで放つパンチが、俗に手打ちと呼ばれる。