手賀村 (千葉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
手賀村
廃止日 1955年3月30日
廃止理由 新設合併
手賀村風早村沼南村
現在の自治体 柏市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
東葛飾郡
隣接自治体 印西町我孫子町布佐町
湖北村風早村白井村
手賀村役場
所在地 千葉県東葛飾郡手賀村
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

手賀村(てがむら)は、千葉県東葛飾郡にかつて存在した村である。現在の千葉県柏市の東部に位置している。

村の北・東・南を手賀沼に囲まれていたが、第二次大戦後の大規模な干拓事業によって沼の大半は水田となった。

沿革[編集]

  • 1889年4月1日 - 町村制施行により、手賀村,手賀村新田,泉村,若白毛村,岩井村,鷲ノ谷村,金山村,柳戸村,片山村,布瀬村,泉村新田,岩井村新田,鷲野谷新田,片山村新田,布瀬村新田,染井入新田が合併して南相馬郡手賀村が発足。
  • 1897年3月30日 - 南相馬郡が東葛飾郡に編入されたため、その所属となる。
  • 1955年3月30日 - 風早村と合併して沼南村となり、消滅する。
  • 1964年2月1日 - 沼南村が町制施行して沼南町となる。
  • 2005年3月28日 - 沼南町が柏市へ編入される。

関連項目[編集]