手錠をかけろ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
手錠をかけろ!
ジャンル テレビドラマ
脚本 鴨井達比古
池田一朗
山崎巌
ほか
演出 永野靖忠
江崎実生
小平裕
出演者 荻島真一
夏樹陽子
赤塚真人
ほか
製作
制作 国際放映
フジテレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1979年10月18日 - 1979年12月27日
放送時間木曜 20:00 - 20:54
放送枠フジテレビ木曜8時枠の連続ドラマ
放送分54分
回数10
テンプレートを表示

手錠をかけろ!』(てじょうをかけろ)は、1979年10月18日から同年12月27日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビドラマである。国際放映フジテレビの共同製作。全10話。放送時間は毎週木曜 20:00 - 20:54 (日本標準時)。

概要[編集]

東京「青山警察署」所属の刑事と地方の刑事が協力しあって難事件を解決していく刑事ドラマ。ロケは毎回地方で行われ、豪華ゲストが地方の刑事役で出演していた。

全話、出張捜査に充てた刑事ドラマは放送当時は画期的なことだった。キャッチフレーズは「オレたちの所轄は日本列島!」だった。当時は刑事ドラマやアクションドラマが週14本制作されておりいずれも東京が舞台だった。そのため差別化や新鮮味を打ち出すためこのような企画が生み出されたものと思われる[1]

同時期には『西部警察』(石原プロモーション / テレビ朝日)、『噂の刑事トミーとマツ』(大映テレビ / TBS)もスタート。特に『西部警察』は1982年から2年間地方の系列局と地方の有名企業や観光施設、旅館・ホテルなどとタイアップした日本全国縦断ロケは記憶に残るところとなった。

また全話、出張捜査に充てた刑事ドラマは他に『あいつと俺』(勝プロダクション / 東京12チャンネル)があり制作された1980年にはわずか4話しか放送出来ず1984年に残りの8話を午前中の再放送枠で放送されたことがある[2]。当初、この作品は全24話を予定していた。本作品とは、北海道から九州地方まで訪れ北陸地方沖縄県には訪れなかったという共通点もあるが違いも多く本作品は出張捜査にあたったのは、青山警察署の刑事でありキャスティングでも地方の刑事役に豪華ゲストを充てている。訪れた場所も中国地方の3回を最多に西日本が多かった。また東北東海各地方と長野県もそれぞれ1回訪れたが関東四国各地方は訪れなかった。一方『あいつと俺』では出張捜査にあたったのは、警視庁捜査一課の刑事でありキャスティングでも地方の刑事役のための豪華ゲストは置かなかった。訪れた場所も九州地方の4回を最多に北海道、長野県にそれぞれ2回訪れたが関東地方にも3回訪れている。また四国地方にも1回訪れたが東北、東海、関西、中国各地方には訪れなかった。

先述の通り豪華ゲストが地方の刑事役で出演したがレギュラー出演者も小池朝雄高橋昌也松村達雄らのベテランが脇を固めた。

また現在は声優として活躍している中田譲治橋田寿賀子の作品に多く出演した渡辺寛二、『超電子バイオマン』(テレビ朝日)の主人公郷史朗役で知られる阪本良介(現在は坂元亮介)が若手刑事役としてレギュラー出演した。渡辺と阪本はともに新人だった。

全10話制作されたが視聴率不振による打ち切りでは決してなく当初から1クール全11話のところ全10話になった。これは12月13日に『絶唱』(1975年、東宝配給、主演:山口百恵三浦友和)が挟まれたためである。

後番組には、杉良太郎主演の『大捜査線』を翌年の1月から『大捜査線シリーズ・追跡』の改題を経て同年の12月まで約1年間放送した。杉はこの番組がスタートしたこの年の10月18日まで同時間帯の『遠山の金さん』(テレビ朝日)の主演を務めており10月スタートには間に合わず1クールおいて翌年の1月スタートになったものと思われる。

2006年、ホームドラマチャンネルで再放送されたがそれ以降は衛星波の再放送はされていない。

映像ソフト(ブルーレイDVD)の販売、動画配信の予定は今のところないが2021年、COMICデカ Vol7(RK MOOK) の付録DVDで視聴することが出来る[3]

出演者[編集]

スタッフ[編集]

「手錠をかけろ!」
作詞:橋本淳 / 作曲:平尾昌晃 / 歌:平尾昌晃
作曲・歌唱担当の平尾は同時に劇伴の作曲も手がけており、『刑事犬カール』の楽曲との重複が見られる。

放送リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1979年
10月18日
ペンフレンド狙撃事件

函館

鴨井達比古 永野靖忠 西郷輝彦

林寛子

2 10月25日 ハードパンチャー強盗事件

伊勢志摩

猪又憲吾 江崎実生 宍戸錠

左とん平

狩場勉

3 11月1日 女子大生誘拐事件

上高地

武末勝、松岡志奈 永野靖忠 宝田明

仁和令子

田崎潤

加藤和夫

星野昌子、

鈴木真美子

4 11月8日 入試問題殺人事件

山口・津和野

池田一朗 藤田弓子

穂積隆信

鹿又裕司

5 11月15日 キャッシュカード盗難事件

仙台

中西隆三 中村敦夫

高原駿雄

清家栄一

桑山正一

6 11月22日 保険金殺人未遂事件

鹿児島

鴨井達比古 梅宮辰夫

清川新吾

7 11月29日 密輸拳銃を洗え!

連続乱射事件

鳥取・島根

池田一朗 小平裕 篠田三郎

山田吾一

車だん吉

木村豊幸

8 12月6日 女医殺人!

エリートに罠を張れ

岡山

鴨井達比古 竹脇無我

島田順司

大野木克志

9 12月20日 狙われた目撃者

怪盗VS子連れ刑事

神戸・淡路島

山崎巌、松岡志奈 江崎実生 藤田まこと

なつきれい

10 12月27日 アリバイを崩せ!

観光ツアー殺人

京都

藤岡琢也

志穂美悦子

江見俊太郎

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『刑事ドラマ「手錠をかけろ!」が「COMIC デカ」vol.7にて初ソフト化』” (日本語). 茶屋町弥五郎の趣味シュミtapestry. 2021年8月8日閲覧。
  2. ^ 東京12チャンネルには、当時系列局はなかった。
  3. ^ COMICデカ Vol.7. https://www.amazon.co.jp/gp/product/4867040703?pf_rd_r=1B53BAYK0M2939XDTBZH&pf_rd_p=7626af39-b716-47c8-84eb-9679f177dc53&pd_rd_r=322e867b-eca3-4a79-ab50-6221ad38d898&pd_rd_w=xazH2&pd_rd_wg=Q381e&ref_=pd_gw_unk 
  4. ^ 後番組の『大捜査線』でも水野刑事役で途中からレギュラー出演した。
  5. ^ 刑事ドラマのレギュラー刑事役は、後にも先にもこの番組だけである。その後は、刑事ドラマでは専ら悪役でゲスト出演することが多くなった。なお、声優業は1985年から始め1990年代以降は本業になった。
フジテレビ系列 木曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
三波伸介のチャンネル・インベーダー
(1979年7月5日 - 1979年9月27日)
手錠をかけろ!
(1979年10月18日 - 1979年12月27日)
大捜査線
(1980年1月10日 - 1980年9月11日)