打出駅 (富山県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
打出駅
うちいで
Uchiide
四方 (1.0km)
(1.1km) 本江
所在地 富山県富山市打出
所属事業者 富山地方鉄道
所属路線 射水線
キロ程 8.1km(新富山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1926年(大正15年)7月21日
廃止年月日 1980年(昭和55年)4月1日
備考 射水線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示

打出駅(うちいでえき)は、富山県富山市打出にあった富山地方鉄道射水線廃駅)である。射水線の廃線に伴い1980年(昭和55年)4月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

  • 1926年(大正15年)7月21日 - 越中電気軌道四方駅 - 打出浜駅間延伸開通に伴い打出駅(初代、新富山駅起点8.1km地点)、打出浜駅(うちいではまえき、新富山駅起点8.5km地点)の2駅が開業[1]
  • 1927年(昭和2年)2月13日 - 鉄道会社名を越中鉄道に改称。それに伴い同鉄道の駅となる[2]
  • 1929年(昭和4年)7月2日 - 打出浜駅 - 堀岡駅間延伸開通に伴い打出浜駅が中間駅となる[2]
  • 1932年(昭和7年)- 1934年(昭和9年)頃 - 打出駅(初代)を富山飛行場前駅(とやまひこうじょうまえ)に改称[1]
  • 1943年(昭和18年)1月1日 - 交通統合に伴い富山地方鉄道射水線の駅となる[1][2]
  • 1946年(昭和21年)以前 - 富山飛行場前駅廃止[1]。また打出浜駅を新富山方に0.1km移設の上打出駅(2代目)に改称[1][注 1]
  • 時期不詳 - 無人化[3]
  • 1980年(昭和55年)4月1日 - 射水線の廃線に伴い廃止となる[1][2]

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった[3]。ホームは線路の北側(新港東口方面に向かって右手側)に存在した[3]

無人駅となっていた[3]有人駅時代の駅舎は撤去されたがホームに待合所を有した[3]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

線路跡は四方駅跡南方附近から終点・新港東口駅附近までサイクリングロードとなっている[4]。1997年(平成9年)時点では、線路跡地はそのサイクリングロードであった[4]。2006年(平成18年)時点[5]、2010年(平成22年)時点でも同様であった[6][7]

隣の駅[編集]

富山地方鉄道
射水線
四方駅 - 打出駅 - 本江駅
かつて四方駅と当駅(初代)との間に和合ノ浦駅(わごのうらえき)が存在した(1929年(昭和4年)7月9日開業、1931年(昭和6年)6月4日廃止)[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 累計キロは新富山駅起点8.4kmとなるが、『RM LIBRARY 107 富山地鉄笹津・射水線』、『新 鉄道廃線跡を歩く3 北陸・信州・東海編』、『新 消えた轍 7 北陸』の各書籍では累計キロは新富山駅起点8.1kmとする。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 6 北信越』(監修:今尾恵介新潮社2008年10月発行)34ページより。
  2. ^ a b c d 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く3 北陸・信州・東海編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)211-212ページより。
  3. ^ a b c d e 書籍『RM LIBRARY 107 富山地鉄笹津・射水線』(著:服部重敬、ネコ・パブリッシング、2008年7月発行)40-41ページより。
  4. ^ a b 書籍『鉄道廃線跡を歩くIII』(JTBパブリッシング、1997年5月発行)108-109ページより。
  5. ^ 書籍『富山廃線紀行』(著:草卓人、桂書房、2008年7月発行)66-67ページより。
  6. ^ 書籍『新 消えた轍 7 北陸』(著:寺田裕一、ネコ・パブリッシング、2010年12月発行)53ページより。
  7. ^ 『新 鉄道廃線跡を歩く3』50-51ページより。