打越忠夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

打越 忠夫(うちこし ただお、1965年10月30日 - )は、日本の陸上競技選手。専門はマラソン水戸農業高等学校順天堂大学卒業。

人物・来歴[編集]

順大在学中は1988年の第64回箱根駅伝で3区区間賞を取り、この年の完全優勝に貢献した。

1988年大学卒業後雪印乳業に入社した。1992年北海道マラソンは日本人トップの成績となる2位[1]、1993年のシュトゥットガルト世界選手権は5位入賞し日本人トップであった。1993年東京国際マラソン6位入賞などの戦績を残した。フルマラソンのベストタイムは1994年ロッテルダムマラソンの2時間12分52秒。

従来の練習に加えて、ゴルフ水泳などを取り入れるなど、ユニークなトレーニング方法をとったことでも知られている。

2003年1月よりJR東日本ランニングチームのコーチを務めている。

マラソン全成績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北海道マラソン これまでの大会データ 2013北海道マラソン 2013年1月28日閲覧.