払川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
払川駅
駅舎 (2019年3月)
駅舎 (2019年3月)
はらいがわ
HARAIGAWA
豊間根 (4.1km)
(2.1km) 津軽石
所在地 岩手県宮古市津軽石第13地割336番3
所属事業者 三陸鉄道
所属路線 リアス線
キロ程 80.7km(起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 2019年平成31年)3月23日
テンプレートを表示

払川駅(はらいがわえき)は、岩手県宮古市津軽石にある、三陸鉄道リアス線である。

駅の愛称は「新たな希望[1][2]

歴史[編集]

2019年(平成31年)3月23日東日本旅客鉄道(JR東日本)山田線宮古駅 - 釜石駅間の三陸鉄道への経営移管と同時に開業した。

東日本大震災に際して、当駅周辺の地域は津波の被害を免れたことから、被災者の移住があって人口が増加していた。自動車がなくても市内を移動できるように、公共交通で市内を結ぶ構想を描いていた地元の宮古市の決断もあり、駅が新設されることになった。宮古市では駅の利用客数を1日あたり103人と見込んでいる[3]

年表[編集]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

三陸鉄道
リアス線
豊間根駅 - 払川駅 - 津軽石駅

脚注 [編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “三陸鉄道、JR山田線移管区間と新駅「新田老駅」の愛称を公募 2月20日まで”. (2018年1月4日). https://raillab.jp/news/article/4690 2018年4月10日閲覧。 
  2. ^ “三陸鉄道 来年3月23日運行開始 山田線宮古-釜石間”. 毎日新聞. (2018年3月28日). https://mainichi.jp/articles/20180329/k00/00m/040/062000c 
  3. ^ 五島 彰人 (2019年1月6日). “通学の足増える選択肢/二つの新駅”. 讀賣新聞オンライン. 2019年2月4日閲覧。
  4. ^ 山田線の新駅設置を認可しました。 東北運輸局 2017年12月14日公開、2018年4月10日閲覧。
  5. ^ “駅愛称公募のお知らせ” (プレスリリース), 三陸鉄道, (2017年12月28日), http://www.sanrikutetsudou.com/?p=9362 2018年4月10日閲覧。 
  6. ^ a b “山田線移管区間等駅愛称選考結果の発表について” (プレスリリース), 三陸鉄道, (2018年4月2日), http://www.sanrikutetsudou.com/?p=10129 2018年4月11日閲覧。 
  7. ^ 山田線移管区間の駅愛称が決定”. 交友社. 2018年4月19日閲覧。
  8. ^ 三陸鉄道 14駅の愛称決まる”. 日本放送協会. 2018年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月10日閲覧。

関連項目[編集]