承光 (夏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

承光(じょうこう)は、五胡十六国時代の君主赫連昌の治世で使用された元号。425年7月 - 428年2月。

晋書』では承光と表記されているが、『魏書』及び『太平御覧』では永光と表記されている。また甘肅省からは「承陽二年崔在[丙]寅」の表記がある北涼代の塔が出土している。北涼は夏の正朔を使用しており、ここでの丙寅は承光2年の干支とされる。従って承光は承陽の誤記であるとの説も提出されているが、北涼は同韻であり字義の類似する「陽」で「光」を代替したものと考えられる。これは後に北涼が北魏の正朔を使用した際に延和を太延と、縁禾を太縁と音の近い漢字表記を使用したことからも類推することが可能である。

西暦・干支との対照表[編集]

承光 元年 2年 3年 4年
西暦 425年 426年 427年 428年
干支 乙丑 丙寅 丁卯 戊辰

参考文献[編集]

  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)

関連項目[編集]


前の元号:
真興
中国の元号
次の元号:
勝光
魏晋南北朝元号

三国の元号
黄初  太和  青龍  景初  正始  嘉平  正元  甘露  景元  咸熙
蜀漢章武 
建興  延熙  景耀  炎興
黄武 
黄龍  嘉禾  赤烏  太元  神鳳  建興  五鳳  太平  永安  元興  甘露  宝鼎  建衡  鳳凰  天冊  天璽  天紀
の元号
西晋泰始 
咸寧  太康  太熙  永熙  永平  元康  永康  永寧  太安  永安  建武  永安  永興  光熙  永嘉  建興
東晋建武 
大興  永昌  太寧  咸和  咸康  建元  永和  升平  隆和  興寧  太和  咸安  寧康  太元  隆安  元興  隆安  大亨  元興  永始  天康  義熙  元熙
五胡十六国の元号
前趙元熙 
永鳳  河瑞  光興  嘉平  建元  麟嘉  漢昌  光初
成漢建初 
建興  晏平  玉衡  玉恒  漢興  太和  嘉寧
前涼建興 
和平  建興  升平
後趙太和 
建平  延熙  建武  太寧  青龍  永寧
冉魏永興
前燕元璽 
光寿  建熙
前秦皇始 
寿光  永興  甘露  建元  太安  太初  延初
後秦白雀 
建初  皇初  弘始  永和
後燕燕元 
建興  永康  建平  長楽  光始  建始
翟魏建光 
定鼎
西燕燕興 
更始  昌平  建明  建平  建武  中興
西秦建義 
太初  更始  永康  建弘  永弘
後涼太安 
麟嘉  龍飛  承康  咸寧  神鼎
南涼太初 
建和  弘昌  嘉平
南燕燕平 
建平  太上
西涼庚子 
建初  嘉興  永建
龍昇 
鳳翔  昌武  真興  承光  勝光
北燕正始 
太平  太興
北涼神璽 
天璽  永安  玄始  承玄  義和  承和
建国
南北朝の元号
永初 
景平  元嘉  孝建  大明  永光  景和  泰始  泰予  元徽  昇明
建元 
永明  隆昌  延興  建武  永泰  永元  中興

天監  普通  大通  中大通  大同  中大同  太清  大宝  天正  太始  承聖< 天成  紹泰  太平  天啓
後梁大定  天保  広運

永定  天嘉  天康  光大  太建  至徳  禎明
北魏登国 
皇始  天興  天賜  永興  神瑞  泰常  始光  神䴥  延和  太延  太平真君  正平  承平  興安  興光  太安  和平  天安  皇興  延興  承明  太和  景明  正始  永平  延昌  熙平  神亀  正光  孝昌  武泰  建義  永安  建明  普泰  中興  太昌  永興  永熙
東魏天平 
元象  興和  武定
西魏大統
北斉天保 
乾明  皇建  太寧  河清  天統  武平  隆化  徳昌  承光  武平
北周武成 
保定  天和  建徳  宣政  大成  大象  大定
柔然永康 
太平  太安  始平  建昌