承康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

承康(しょうこう)は、五胡十六国時代後涼の君主呂光の治世で使用された可能性を指摘されている元号である。

太平広記』巻321に引用されている『述異記』に「呂光承康二年…其年光死、子代立」などの記載があるが、呂光が死亡した399年を承康2年と仮定すると、改元は呂光が即位する1年前に龍飛から改元するなど不自然な点があり、またほとんどの史書にはこの年を龍飛4年と記載していることから、存在が確定するに至っていない。

参考文献[編集]

  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)


前の元号:
龍飛
中国の元号
後涼
次の元号:
咸寧