承胤法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
承胤法親王
続柄 後伏見天皇皇子
身位 二品・法親王
出生 文保元年(1317年
死去 天授3年4月9日1377年5月16日)(享年61)
父親 後伏見天皇
母親 正親町守子
役職 梶井門跡
天台座主
四天王寺別当
テンプレートを表示

承胤法親王(しょういんほっしんのう、文保元年(1317年) - 天授3年4月9日1377年5月16日))は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての法親王。父は後伏見天皇。母は従三位正親町(藤原)守子権大納言正親町実明女)。光聚院宮とも称される。光厳天皇光明天皇らの異母兄弟で、同母兄弟に長助法親王・亮性法親王・璜子内親王(章徳門院)がいた。

略歴[編集]

元弘元年(1331年)7月に出家得度。その後、梶井門跡(三千院)を継承し、興国5年(1344年)以降天台座主に3度就任している。その間、正平14年(1359年)8月に四天王寺別当になり、文中元年(1372年)には後光厳上皇院宣により梨本門跡(三千院)に還住した。二品に叙せられ、天授3年4月9日入寂。享年61。