技術成熟度レベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NASA の定義する技術成熟度レベル

技術成熟度レベル(Technology readiness levels ,TRL) 技術開発水準/技術成熟度評価 は、体系的な分析に基づいて、新技術の開発のレベルを評価するために使用する基準。

9段階であれば、TRL1 が最も基礎的な研究、TRL9が最も商業化に近い。

歴史[編集]

技術成熟度レベルは1974年、NASAにより提唱され、1989年に正式に定義された。はじめの定義は7つの技術レベルを持っていたが、現在では9つのレベルに拡充され、これが現在広く普及している。[1]

NASAによるTRLの定義 (1989)[2]

Level 1 – 基礎理論の着想段階
Level 2 – 技術要素の適応、応用範囲の明確化
Level 3 – 技術実証のデモンストレーション(Proof of Concept)この段階から、実証試験等を行い検証を始めていく
Level 4 – ラボレベルでの実証
Level 5 – シミュレート及び実空間での実証
Level 6 – 地上でのシステムとしての技術成立性の確認
Level 7 – 宇宙空間でのシステムとしての技術成立性の確認

現在はこれに

Level 8 – システムの運用テスト、認証試験
Level 9 – 最終段階、実運用

が追加された。

日本国内においては、JAXAが透明化の観点からTRLを採用(NASAと同一基準)、環境省が2014年度に試行し始めたばかりで歴史は浅い。

関連項目[編集]

  • テクノロジーアセスメント
  • Manufacturing readiness level 製造技術成熟度レベル:製造技術について、材料開発の段階からフル稼働の生産ラインに載せる段階までをレベル分けしたもの。

参考文献[編集]

  1. ^ Banke, Jim (2010年8月20日). “Technology Readiness Levels Demystified”. NASA. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ Sadin, Stanley R. (1988年10月1日). “The NASA technology push towards future space mission systems, presented at the IAF, International Astronautical Congress, 39th, Bangalore, India, Oct. 8-15, 1988”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。