抗ウイルス薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
抗インフルエンザ薬「イナビル」

抗ウイルス薬(こうウイルスやく、: Antiviral drug)は、ウイルス感染症の治療薬。抗ウイルス薬による治療の副作用として、抗体価が上昇せず(獲得免疫能が低下)再感染率が増加する[1]

薬理[編集]

ウイルス細胞寄生し、暗黒期を経て新しいウイルス粒子を形成し、宿主細胞を脱出するサイクルの一部プロセスを阻害することで、あるいは人体の抗ウイルス免疫機構に介入することで、ウイルス性疾患の治療を行う療法である。ウイルスは自身の細胞を有しないため、細菌など病原体の細胞を直接破壊する抗生物質療法と、薬理学的性格が大きく異なる。

抗生物質はスペクトラムによるとはいえ、複数菌種に対する抗菌活性を持つことが多い。これは、抗生物質が標的とする細菌は、真核生物である人体の細胞と大きく異なる一定の分子生物学的な共有形質を有し、これを利用して細菌細胞の生理的過程を阻害し、細菌細胞を死に至らしめているからである。

しかしウイルスは進化の系譜が細胞を有する生物とは著しく異なり、個々のウイルスの分子生物学的な形質の多様性は著しく高い。そのため、それぞれの生活環転写因子が異なっており、それぞれに対する治療薬が必要となることが多い。

種類[編集]

単純ヘルペスウイルス感染症治療薬[編集]

サイトメガロウイルス感染症治療薬[編集]

尖圭コンジローマ等治療薬[編集]

RSウイルス感染症治療薬[編集]

インフルエンザ治療薬[編集]

AIDS治療薬[編集]

日本国内で認可されているHIV感染症治療薬は以下が存在する。

  • 核酸逆転写酵素阻害剤(Nucleoside analogue RT Inhibitor:NRTI)
  • 核酸逆転写酵素阻害剤(Non-Nucleoside RT Inhibitor:NNRTI)
    • ネビラピン(NVP) ビラミューン(1998)
    • エファビレンツ(EFV) ストックリン (1999)
    • デラビルジン(DLV) レスクリプター (2000)
    • エトラビリン(ETV) インテレンス (2008)
    • リルピビリン(RPV) エジュラント (2012)
  • プロテアーゼ阻害剤(Protease Inhibitor:PI)
    • インジナビル(IDV) クリキシバン (1997)
    • サキナビル(SQV) インビラーゼ (1997)
    • サキナビル(SQV-SGC) フォートベイス (2000)
    • リトナビル(RTV) ノービアソフトカプセル (1999)、ノービアリキッド (1998)
    • ネルフィナビル(NFV) ビラセプト (1998)
    • アンプレナビル(APV) プローゼ (1999)
    • ロピナビル/リトナビル(LPV/RTV) カレトラソフトカプセル (2000)、カレトラリキッド (2000)、カレトラ錠 (2006)
    • アタザナビル(ATV) レイアタッツ (2003)
    • ホスアンプレナビル (FPV) レクシヴァ (2005)
    • ダルナビル(DRV) プリジスタ (2007)
  • インテグラーゼ阻害剤
    • ラルテグラビル(RAL) アイセントレス (2008)
    • エルビテグラビル(EVG) ストリビルド(EVGにコビシスタット(COBI:RTV誘導体, booster)、ツルバダ(FTC/TDF)を加えた4剤からなる合剤)(2013)
    • ドルテグラビル(DTG) テビケイ (2014)
  • 侵入阻害剤CCR5阻害剤)

日本国内で治験中の抗HIV治療薬は以下が存在する。

  • 融合阻害剤(Fusion Inhibitor:FI)
    • エンフュヴィルタイド (T-20) フューゼオン(未記載)

HBV治療薬[編集]

HCV治療薬[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 木戸博、「インフルエンザ感染の重症化機序と治療法」 小児耳鼻咽喉科 2016年 37巻 3号 p.305-311, doi:10.11374/shonijibi.37.305

関連項目[編集]