折原巳一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
折原巳一郎

折原 巳一郎(おりはら みいちろう、明治2年8月7日[1]1869年9月12日) - 1933年昭和8年)11月13日)は、日本の内務官僚政治家政友会系官選県知事衆議院議員

略歴[編集]

庄屋・村長・県会議員、折原逸太郎の長男として群馬県邑楽郡に生まれる。第一高等学校を経て、1896年帝国大学法科大学を卒業。内務省に入り警保局属に任官し戸籍課に配属。同年12月、文官高等試験行政科試験に合格。

1897年愛媛県参事官となり、以後、静岡県和歌山県の各参事官、大阪府第三部長、滋賀県事務官・第一部長兼第三部長[2]福岡県兵庫県の各内務部長などを歴任。

1913年6月、奈良県知事に就任。以後、島根県知事、千葉県知事、兵庫県知事を歴任した。1923年10月に退官。1924年5月、第15回衆議院議員総選挙に兵庫県第一区で政友本党から出馬し当選。一期在任した。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、6頁。
  2. ^ 『官報』第6925号、明治39年7月30日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。