折橋徹彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

折橋 徹彦(おりはし てつひこ、1936年10月12日[1] - )は、社会心理学者、関東学院大学名誉教授。

東京出身。1961年成蹊大学政治経済学部卒、1962年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。1968年同博士課程中退。指導教官は南博[2]ケント大学大学院にフルブライト留学生として学ぶ。関東学院大学文学部助教授、教授。2007年定年、名誉教授、武蔵野学院大学教授。

著書[編集]

  • 『状況の人間行動』川島書店 1971
  • 『人づき合いの科学 日本型社会の文法』広済堂出版 1981
  • 『やりにくい相手とうまくやる法』日本実業出版社 1983
  • 『人生の社会心理』八千代出版 関東学院大学人文科学研究所選書 1991
  • 『箱根温泉旅館・福住樓 「行楽」の社会心理史の試み』創元社 2010

共編著[編集]

  • 『シルクロード紀行 イラン・トルコの遺跡を訪ねて』北川原俊一郎共著 花曜社 1974
  • 『現代社会と人間の課題 富田富士雄教授古稀記念論文集』河村十寸穂ほか共編 新評論 1980
  • 『若者の読み方 「見えすぎる社会」にとまどう意識と行動』石川弘義共著 広済堂出版 1988
  • 『うその自己分析 虚感の時代を生きる』杉田正樹共著 日本評論社 1999

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987,2002
  2. ^ [1]