折竹錫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

折竹 錫(おりたけ たまう、1884年明治17年)1月11日[1][2] - 1950年昭和25年)1月13日[1][2])は、大正から昭和時代の日本翻訳家フランス語学者。号に蓼峰、多音祐、R.T.O[1][2]

経歴・人物[編集]

信濃国松本藩士・折竹嘉鋭の長男として長野県諏訪郡にて生まれる[2][3]1908年(明治41年)東京帝国大学仏文科を卒業後、陸軍教授を経て、第三高等学校教授となり、河盛好蔵桑原武夫らに教えた[1][2][3]フランスドイツ留学を経て、旧制福岡高等学校長に任ぜられ、その後は、関西日仏学館(現・アンスティチュ・フランセ日本の前身のひとつ)教授などを歴任する[1][2][3]

著作[編集]

  • 『フランス新文典』白水社、1954年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『折竹錫』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e f 20世紀日本人名事典(日外アソシエーツ)『折竹 錫』 - コトバンク
  3. ^ a b c 人事興信所 1928, オ232頁.

参考文献[編集]