押水町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おしみずまち
押水町
廃止日 2005年3月1日
廃止理由 新設合併
志雄町押水町宝達志水町
現在の自治体 宝達志水町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
羽咋郡
団体コード 17385-1
面積 53.42km2
総人口 8,543
(国勢調査、2000年)
隣接自治体 石川県かほく市志雄町津幡町
富山県氷見市福岡町
町の木 クロマツ
町の花 コブシ
押水町役場
所在地 929-1392
石川県羽咋郡押水町小川ハ250
 表示 ウィキプロジェクト

押水町(おしみずまち)は、石川県羽咋郡にあったである。町名は町内の紺屋町地区にある押しの泉に由来する。金沢市への通勤率は18.3%(平成12年国勢調査)。

2005年(平成17年)3月1日志雄町合併宝達志水町になった。

地理[編集]

石川県の中部、日本海に面していた。

歴史[編集]

宝達山山麓の三ツ子塚古墳群がモーゼの墓であるという山根キクの主張を町おこしに利用し、伝説の森公園 モーゼパークを1993年にオープンした。

行政[編集]

町長[編集]

歴代町長
氏名 就任 退任 備考
村上外雄 1954年(昭和29年)11月3日 1954年(昭和29年)12月10日 町長職務執行者、旧中荘村長
1 1 干場忠平 1954年(昭和29年)12月11日 1958年(昭和33年)12月10日
2 2 吉井吉松 1958年(昭和33年)12月11日 1962年(昭和37年)12月10日
3 1962年(昭和37年)12月11日 1966年(昭和41年)12月10日
4 1966年(昭和41年)12月11日 1970年(昭和45年)12月10日
5 1970年(昭和45年)12月11日 1974年(昭和49年)12月10日
6 1974年(昭和49年)12月11日 1978年(昭和53年)12月10日
7 3 村上信雄 1978年(昭和53年)12月11日 1982年(昭和57年)12月10日
8 4 勝二幸作 1982年(昭和57年)12月11日 1986年(昭和61年)12月10日
9 1986年(昭和61年)12月11日 1990年(平成2年)12月10日
10 1990年(平成2年)12月11日 1994年(平成6年)1月22日 在職中死去
天田二郎 1994年(平成6年)1月22日 1994年(平成6年)3月5日 助役、町長職務執行者
11 5 中西一順 1994年(平成6年)3月6日 1998年(平成10年)3月5日
12 1998年(平成10年)3月6日 2002年(平成14年)3月5日
13 2002年(平成14年)3月6日 2005年(平成17年)2月28日
  • 町長 - 中西 一順(なかにし・かずよし)

教育[編集]

  • 高等学校
  • 中学校
    • 押水町立押水中学校
  • 小学校
    • 押水町立相見小学校
    • 押水町立宝達小学校
    • 押水町立第一小学校

交通[編集]

旧押水庁舎(旧押水町役場、2010年3月末で閉鎖)

鉄道路線[編集]

道路[編集]

押しの泉[編集]

押しの泉

町内の紺屋町地区には町の名称の由来ともなった、押しの泉と呼ばれる湧水がある。古くから飲用等にも利用されてきた清澄な水である。この湧水の由来として、弘法大師がこの地を通った時に水を求めたところ、老婆が一杯の水を恵んでくれた。その礼として大師が杖で岩を押したところ美味な清水が湧き出たという、いわゆる弘法水伝説がある。

関連項目[編集]