拓跋伏羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

拓跋 伏羅(たくばつ ふくら、生年不詳 - 447年)は、中国北魏皇族。晋王。

経歴[編集]

太武帝と越椒房のあいだの子として生まれた。442年、晋王に封ぜられ、車騎大将軍の位を加えられた。後に高平と涼州の諸軍を率いて吐谷渾の慕利延を討った。楽都に到着すると、「鄧艾を討った計にならうべきだ」と諸将に言って間道を進んだ。大母橋にいたって、慕利延の兵は不意をつかれて白蘭に敗走し、慕利延の兄の子の拾寅も河曲に敗走した。447年、死去した。子はなく、封国は除かれた。

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻十八 列伝第六
  • 北史』巻十六 列伝第四