拓跋処真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

拓跋 処真(たくばつ しょしん、生年不詳 - 447年)は、中国北魏皇族。扶風公。

経歴[編集]

拓跋翳槐の末裔にあたる。殿中尚書に任じられ、扶風公の爵位を受けた。445年太平真君6年)、平陽公慕容嵩とともに2万騎を率いて薛永宗を討った。447年(太平真君8年)、吐京胡の曹僕渾らが北魏にそむくと、処真は高涼王拓跋那らともに反乱を討ち滅ぼした。6月、軍資の横領と略奪品の贓匿の罪を問われて、処刑された。

伝記資料[編集]