拓跋寔君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

拓跋 寔君(たくはつ しょくくん、拼音:Tuòbá Shíjūn、生没年不詳)は、拓跋什翼犍の庶長子。別名を拓跋実君という。北魏の初代皇帝拓跋珪の伯父。

生涯[編集]

代王拓跋什翼犍の庶長子として生まれる。性格は愚鈍・愚直で、残忍であり、仁徳に欠けていたという。

建国2年(339年)、拓跋什翼犍は他国から帰順してきた者を二部に分けた。そして、拓跋寔君に命じて南部を監督させた。

建国39年(376年)、前秦苻堅大司馬苻洛へ二十万の兵を与えて代へ侵攻させた。拓跋什翼犍は病を患っていた為、まともに指揮が取れず、代軍は連戦連敗した。その為、軍を率い北に逃走したが、前秦軍が少し後退すると、什翼犍は再度雲中郡まで戻った。

拓跋什翼犍はかつて、国の半分を弟の拓跋孤へ与えていたが、拓跋孤の死後、息子の拓跋斤へ継承させなかったので、拓跋斤はこれを甚だ恨んでいた。この時、世子の拓跋寔は死に、その子の拓跋珪はまだ幼かった。また、慕容妃の生んだ六人の息子達も成長途上であり、誰が後継になるか決まっていなかった。拓跋斤は拓跋寔君へ「代王は、慕容妃の子息に後を継がせる為、まず汝を殺そうと思っている。だから、諸子に毎晩兵を率いて巡回させ、汝を殺す機会を窺っている。」と吹き込んだ。拓跋寔君はこれを信じ込み、父と諸弟を殺害してしまった。

彼が殺されたことが前秦軍に伝わると、秦将李柔と張蚝は瞬く間に雲中郡を攻略した。これにより代国は前秦の支配下に入り、東西に分割された。

代国平定後、苻堅は代の長史である燕鳳を召し出し、この混乱の原因を尋ねた。燕鳳は起きたことをありのままに答えた。苻堅は「天下の悪である。」と述べ、拓跋寔君と拓跋斤を捕らえた。拓跋寔君は長安へ連行され、車裂きの刑に処された。

晋書との食い違い[編集]

晋書には拓跋寔君という人物は現れず、拓跋什翼犍の子である拓跋翼圭が、父を捕らえて前秦へ降伏したと記載されている。拓跋翼圭は拓跋珪の別名であるとされている。[要出典]

参考資料[編集]