拓跋崇 (建寧王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

拓跋 崇(たくばつ すう、? - 453年)は、北魏皇族。建寧王。

経歴[編集]

明元帝の子として生まれた。422年泰常7年)4月、建寧王に封じられ、輔国大将軍の位を加えられた。439年太延5年)、長楽王紇奚敬とともに2万人を率いて漠南に駐屯し、柔然に備えた。443年太平真君4年)、太武帝が魏軍を4道に分けて北伐すると、拓跋崇は15将を率いて東道を進み、柔然軍を撃破した。453年興安2年)、京兆王杜元宝とともに反乱を計画し、子の済南王拓跋麗とともに死を賜った。

伝記資料[編集]