拓跋弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

拓跋 弥(拓跋彌、たくばつ び、生年不詳 - 424年)は、中国北魏皇族。安定殤王。

経歴[編集]

明元帝の子として生まれた。422年泰常7年)4月、安定王に封じられ、衛大将軍の位を加えられた。明元帝が南朝宋の滑台に対して親征すると、拓跋弥は安同とともに平城の留守をつとめた。424年始光元年)1月、死去した。は殤王といった。

子がなく、封国は除かれた。

伝記資料[編集]