拓跋意烈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

拓跋 意烈(たくばつ いれつ、生年不詳 - 398年)は、北魏皇族。遼西公。

経歴[編集]

拓跋什翼犍の子の拓跋力真の子として生まれた。はじめ慕容垂に敗れて従った。のちに道武帝後燕を討つと、意烈は妻子を捨てて井陘で道武帝を迎えた。道武帝が後燕を平定すると、意烈は戦功により遼西公の爵位を受け、広平郡太守に任じられた。398年天興元年)、和跋の行台となったが、意烈は和跋の下につくことを恥じ、徒党を結んで鄴を襲撃する計画を立てた。計画が発覚して処刑された。

子に拓跋抜干があり、明元帝のときに渤海郡太守に任じられ、武遂子の爵位を受けた。

伝記資料[編集]