拓跋曜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

拓跋 曜(たくばつ よう、401年 - 422年)は、中国北魏皇族。河南王。

経歴[編集]

道武帝と王夫人のあいだの子として生まれた。403年、河南王に封ぜられた。5歳のとき、道武帝の前で雀を射当てて、道武帝を驚嘆させた。成長すると、武芸にすぐれ、陽平王拓跋煕らとともに諸軍を率いて練武した。422年、死去した。享年22。

子女[編集]

7人の子があった。

  • 拓跋提(武昌王)
  • 拓跋羯児(河間王拓跋脩の後嗣となり、のちに略陽王に改封された)

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻十六 列伝第四
  • 北史』巻十六 列伝第四