拓跋若

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

拓跋 若(たくばつ じゃく、463年 - 478年)は、中国北魏皇族。河間孝王。は叔儒。

経歴[編集]

文成帝と乙夫人の子として生まれた。478年太和2年)6月、死去した。享年は16。河間王に追封された。は孝といった。

ひとたびは京兆康王拓跋子推の子の太安を後嗣とするよう命が下ったが、太安は若の従弟であり、世代順がおかしいとして廃され、斉郡王拓跋簡の子の元琛を後嗣とした。

伝記資料[編集]