拓跋譚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

拓跋 譚(たくばつ たん、生年不詳 - 453年)は、中国北魏皇族。臨淮王。

経歴[編集]

太武帝と弗椒房のあいだの子として生まれた。442年、燕王に封ぜられ、侍中の位を受け、参都曹事をつとめた。後に臨淮王に改封された。450年、太武帝が南征の軍を起こすと、中軍大将軍に任ぜられた。南朝は険阻な鄒山の地に食糧を備蓄し、防備を固めていた。拓跋譚は鄒山を攻撃して、大量の米を軍糧として獲得した。また筏数十を造り、ひそかに麾下の軍に淮河を渡らせ、宋の将の胡崇を斬った。453年11月、死去した。は宣王といった。

子の元提が、後を嗣ぎ、梁州刺史となった。

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻十八 列伝第六
  • 北史』巻十六 列伝第四