拓跋遵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

拓跋 遵(たくばつ じゅん、生年不詳 - 407年)は、中国北魏皇族。常山王。小字勃兜、または伏六兜[1]の詩人元結、の官僚元好問の遠祖にあたる。

経歴[編集]

拓跋什翼犍の子の拓跋寿鳩の子として生まれた。道武帝の初年、略陽公の爵位を受けた。395年登国10年)、参合陂の戦いにおいて、別軍700騎を率いて後燕軍の帰路をさえぎり、北魏の戦勝に貢献した。397年皇始2年)、撫軍大将軍として中山を攻撃した。中山を平定すると、尚書左僕射に任じられ、侍中の位を加えられ、勃海郡の合口を領知した。398年天興元年)1月、博陵郡と勃海郡で反乱が起こると、遵は反乱の討伐にあたった。3月、衛王拓跋儀に代わって中山に駐屯した。4月、常山王に封じられた。399年(天興2年)、高車に対する征討に参加し、東道から長川に進出した。401年(天興4年)12月、5万の兵を率いて破多蘭部の没弈干を攻撃した。402年(天興5年)2月、安定郡高平鎮に進軍し、没弈干を追撃して隴西郡瓦亭まで到達したが、捕捉できなかった。407年天賜4年)5月、酒に酔って太原公主に無礼を働き、罪を問われて死を賜った。庶人の礼で葬られた。

子に拓跋素があった。

脚注[編集]

  1. ^ 『大唐西市博物館藏墓誌』頁16.

関連項目[編集]

伝記資料[編集]