拓跋順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

拓跋 順(たくばつ じゅん、生没年不詳)は、中国北魏皇族。毗陵王。

経歴[編集]

拓跋什翼犍の子の拓跋地干の子として生まれた。登国初年、南安公の爵位を受けた。396年皇始元年)、道武帝後燕を攻撃すると、順は盛楽の留守をつとめた。397年(皇始2年)、柏肆の戦いの敗北で道武帝の所在が不明になると、順は自立しようと考えたが、莫題に諫められて取りやめた。賀力眷らが陰館で反乱を起こしたため、順は反乱軍を討ったが勝利できず、白登の南から繁畤の故城に入り、㶟水に阻止線を張った。398年天興元年)4月、毗陵王に封じられた。402年(天興5年)、鎮西大将軍として後秦の姚平を討った。司隸校尉となった。道武帝は黄老道を好んで、諸王や朝臣を招いてたびたび道を説いた。順はひとりその場で寐に座って欠伸していたため、道武帝の怒りを買って、403年(天興6年)に邸に蟄居させられた。後に自邸で死去した。

伝記資料[編集]