持明院基哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

持明院 基哲(じみょういん もとあき、1865年3月9日(慶応元年2月12日[1])- 1925年大正14年)6月19日[1][2])は、明治・大正期の歌人政治家華族貴族院子爵議員。旧姓・石野、幼名・浅麿[1]

経歴[編集]

山城国京都治部省大輔・石野基佑の二男として生まれる[1][3][4][5]1881年3月、先先々代持明院基和の死後養子となり、同年7月28日、先代・持明院福子(富小路貞直二女、持明院基政夫人、基和養母)の隠居に伴い家督を継承[1][3][4][5]1884年7月8日、子爵を叙爵した[3][4][5][6]

1882年1月、京都宮殿勤番に任じられ、その後、殿掌を務めた[3][5]1906年6月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[7]1911年7月まで一期在任した[2]

人物[編集]

優れた歌人であり、歌会始で披講の発声を担当した[8]。書の達人でもあった[8]

親族[編集]

  • 妻:久子(養父・基和長女、先々代持明院基静と離縁後に基哲と再婚)[1]
  • 二男:基揚(旧名・哲謙、子爵)[1][5]
  • 四女:季子(鷲尾光遍夫人)[1][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』上巻、755-756頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』44頁。
  3. ^ a b c d 『大日本華族大鑑』52頁。
  4. ^ a b c 『大日本人物誌』ち2頁。
  5. ^ a b c d e f 『人事興信録』第7版、ち6頁。
  6. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  7. ^ 『官報』第6899号、明治39年6月29日。
  8. ^ a b 『明治大正文学美術人名辞書』421頁。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 松本竜之助編『明治大正文学美術人名辞書』立川文明堂、1926年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年。
  • 筒井住蓮編『大日本華族大鑑』都通信社、1911年。
  • 成瀬麟、土屋周太郎編『大日本人物誌 : 一名・現代人名辞書』八紘社、1913年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
持明院家初代
1884年 - 1925年
次代:
持明院基揚